泊まりで打合せと地鎮祭

2019.02.10 Sunday

0

    JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

    愛媛の案件は依頼する施工者が決定した。

    まだ詰めるべき内容は残されているが、

    着工の目処が付いてきた。

    今回は施工者との打合せ、建築主との打合せ、地鎮祭と

    内容が盛り沢山だったため、泊まりで愛媛へ向かった。

    以前にプロポーザルで2次審査に進んだ時以来である。

     

    地鎮祭前日の敷地の様子。

    バスとJRを乗り継いで久しぶりに計画敷地に足を踏み入れた。

    ようやく着工するんだと、なんとなく心が満たされた気分だった。

     

    現地に着いてまず施工者の会社を訪れ、

    計画内容の擦り合わせや今後の流れを確認した。

    電話やメールで何度かやり取りはしてきたが、

    会うのは初めてだったが、年も近く、

    こちらが想定しているよりもいろいろと段取りを進めてくれていたので、

    多少安心した。

    現場が始まれば、施工者に頼らざるを得ないので、

    連絡相談を密にして完成までしっかり進めていきたいと思う。

     

    当初、この日の晩は建築主と飲みに行く予定だった。

    しかし、ここ最近計画内容の変更がいくつかあり、

    特に外観の変更内容で気になる所があり、

    念のため、以前に作成したパースデータを

    変更内容で修正してみると、

    このまま変更してはまずいのではないかと思い始め、

    急遽、打合せをさせてもらうことになった。

    打合せをしていろいろと話す中でいくつかの内容を変更前の内容に戻すことになった。

    ほぼ計画内容も決まった上での多少の変更であったし、

    そもそも飲みに行く約束だったので、

    正直、打合せは不要かとも思ったが、何となくここで気を緩めると危険な気がしていたので、

    無理を言って打合せをさせてもらったが、結果的に打合せをして良かったと思った。

     

    地鎮祭の当日。

    計画敷地へ15分前に着いたが、神主さんや施工者がすでに準備を終えていた。

    先日の地鎮祭は30分前の到着でも微妙な感じだったが、

    今日は予定時刻通りに建築主も来られて、普通に地鎮祭を始めることができた。

     

    地鎮祭後、そのまま帰るつもりだったが、

    建築主がまだ気になる点があるということで

    連日の打合せをすることになった。

    打合せ時間はわずかであったが、

    また計画内容を濃密にすることができたように思う。

     

    帰りのバスでその打合せ中に建築主の奥さんから言われた一言を思い出していた。

    「田中さんは設計の仕事が向いていると思います。」と言われた。

    設計の仕事はしているが、設計に向いているか向いていないか等はあまり考えたことがなかった。

    どちらかというと、特別な美的センスがあるとも思えないし、

    コミュニケーション力に長けているとも思えない。

    ただ、設計が好きだということは確かだ。

    そして、その奥さんの友人がたまたま同時期におそらくハウスメーカーで家を建てているらしく、

    そこと比較して急な変更にも対応し、真面目に説明・検討すること等を評価してもらっているようだった。

    この建築主とは打合せを1年以上行っている。

    私自身も良い建物にしたいと考えているし、建築主にもその熱意を感じている。

    そのため、説明や検討に時間がとてもかかるし、行きつ戻りつをかなりの回数繰り返してきた。

    私の考える設計はそのような手間のかかる地味な作業を地道に進めていくことだと考えているが、

    人によってはそれを望まない人もいるだろうし、実際時間がかなりかかるので、

    そういう進め方を嫌がる人もいるかもしれない。

    いろんな人がいるようにいろんな設計の仕方があると思う。

    どんな設計の仕方が正解かも分からないが、

    私は私なりに筋を通して設計しているつもりだ。

    ただ、それは正しいやり方なのかは自分では分からない。

    しかし、その実際に打合せをしている建築主から「設計の仕事が向いている」まで言われ

    自分のやっていることを肯定されたような気がしてうれしかった。

    また改めて考えると、自分で設計事務所を始めてから今まで紹介での仕事がほとんどだったが、

    この建築主は何の縁も繋がりもない初めての建築主である。

    そして、気付けば最近はその何の縁も繋がりもない建築主からの仕事が増えつつある。

    事務所を始める前は私のことを知らない人から仕事を依頼される日なんて来るんだろうかと思っていたが、

    それが徐々に現実化していることに不思議な感じがする。

    きっと今後も地味で地道な私なりの設計の仕方は変わらないが、

    今はこの方法が正しいと信じてこの道を進んでいきたいと思う。

     

    スポンサーサイト

    2019.08.20 Tuesday

    0
      コメント
      コメントする