実家の地鎮祭

2019.01.14 Monday

0

    この連休中に実家の地鎮祭に出席してきた。

    地震が起きてから長い時間がかかったが、

    ようやくここまで来た。

     

    地鎮祭前日に地縄を張っている状態。

    慣れ親しんだ場所に地縄が張られていることに違和感を感じつつも、

    最初は一部崩れ落ちた家をどのように復旧するか

    現地調査を始めたのが約3年前で、

    その後、更地になってからも確認申請を受け付けてくれる所はあるのだろうか、と

    模索したことも思い出しながら、

    しばらくその場所を見つめていた。

     

    地鎮祭後の後片付け。

    当日は14時から地鎮祭を始めるとのことだったが、

    13時半過ぎ時点で神社さん、工務店、現場監督、担当大工さん、

    電気屋さん、水道屋さん、親族等、私以外全員待っている状態だった。

    30分前に着いたのに一番到着が遅く、遅れてすいません、

    という状態でなんとも言えない感じだったが、

    誰かが時間に遅れるよりはましかもしれない。

    また、ここまで多くの業者さんが出席してくれたのも嬉しいし、

    そのチームワークに、良い工務店を選べたかなとも思えた。

    地鎮祭後はしっかり質疑もしてくれたので、

    その点が一番安心できた。

     

    現場が始まってからは配筋検査や金物検査等の要所は足を運ぶつもりである。

    ただ、現場までの距離が遠いので、何かあった場合にすぐには来れないので、

    施工がしっかりしていないと困るというのは工務店選びの時点から

    かなり重視していた。

    地鎮祭の感触からある程度は期待できそうな感じだったので、

    現場管理は工務店にお願いして、

    あとは現場監理者としてしっかり動いていくつもりだ。

    スポンサーサイト

    2020.09.19 Saturday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする