建築設計のプロポーザル

2016.11.06 Sunday

0

    JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

    現在、自分の事務所のホームページを作成中である。

    ホームページを作成するにあたって、

    参考にいろんな人の建築設計事務所のホームページを見た。

    見ているうちに設計事務所は住宅に特化した事務所と

    プロポーザル等で公共建築をメインにしている事務所との

    大きく二つに分かれていることに気付いた。

     

    ちなみにプロポーザルと混同して使う言葉でコンペという単語もある。

    簡単に言うと「コンペ」は設計条件が決まっていて、

    その提出する設計案の優劣で決定する方式である。

    それに対して、「プロポーザル」も案を出すのだが、

    その案を出す組織の構成、実績や提案方法等、設計者を決定する方式である。

     

    プロポーザルについていろいろと調べると

    建築設計だけに限ってもいろんな募集がある。

    しかし、募集要項をよく見ていくと、

    「市役所設計プロポーザル募集、過去10年以内に市役所の設計業務を

     自身の事務所で行った経験のある方に限る」とか、

    「美術館設計プロポーザル募集、過去に10000岼幣紊寮澤弑般海

    自身の事務所で行った経験のある方に限る」など、

    今年から設計事務所を始めた人間からすると、門前払いの条件ばかりであった。

    確かに逆の立場で考えれば、設計事務所を始めたばかりの所に依頼を

    する勇気はないだろうなとも思う。

     

    そんな時、公共施設の内装のプロポーザルが募集されており、

    かつ、条件がデザイン関係の実務があることのみの募集を発見した。

    こんなチャンスはないと思い、約1か月程度かけてパースや模型を作成した。

     

    1/50のラフ模型。1/100の模型は仕事でも何回か作成したが、

    1/50の模型は大学の演習以来、久しぶりに作ったので、

    かなりの時間がかかった。

     

    提出期限までに成果品をなんとか提出し、

    結果をそわそわしながら待っていると事務局から郵便が来た。

    息を飲みなが封筒を開けると・・・

    「残念ながら・・・」

    ひょっとしたらとも考えていたが、やはりひょっとはしなかった。

    それでも、案を考え、模型を作り、さらに案を練り直し、といった

    大学の時の設計をひたむきに勉強している頃の気分が蘇ったので、

    もちろん残念な気持ちはあったが、なんとなくすがすがしい気分だった。

    私にとって設計は「可能性を感じる何か」という存在なので、

    何かしらの可能性を感じることはできる限り、首をつっこんでいきたいと思う。

    スポンサーサイト

    2020.02.15 Saturday

    0
      コメント
      コメントする