梅田周辺建築巡り

2016.10.28 Friday

0

    昨日、大阪に行ったついでに梅田周辺の「建築」を見に行った。

    建築士はスポーツ選手がオフの時でもトレーニングしたくなるように

    時間があれば「建築」を見に行きたくなる衝動に駆られる。

    街中で人を対象ではなく、建物を対象に写真を撮っている人を

    見かけたら、それは建築士かもしれません。

     

    乾久美子氏デザインのルイヴィトンのファサード。

    ガラスとステンレスとパターンの3層で構成されている。

    周辺は有名ブランドの路面店が多くあるが、

    これはそこまで強い主張があるわけではないが、

    他のブランドのファサードと比べても、明らかに洗練された雰囲気が漂っていた。

     

    クリストフ・インゲンホーフェン氏デザインのブリーゼタワー。

    ボリュームの取り方、パネルの大きさの扱い等、

    周辺のタワーよりもそれぞれの考え方が繊細な感じがした。

    ただ、周囲を建物で囲まれており、以前よりも暗い印象になっていた。

     

    ドミニク・ペロー氏設計の大阪富国生命ビル。

     

    この10年ぐらいで梅田周辺も多くのビルが

    建替え、増築等を行い、風景を一変させた。

    しかし、久しぶりに建築的に見渡したが、

    はっきり言っておもしろくない街並みだった。

    おそらく、ほとんどのタワービルは日本の大手組織設計事務所が設計したと思われるが、

    どの建物も個性が埋没しているように思われ、どの建物も同じように見えた。

    だが、この大阪富国生命ビルやその他の見に行った建物、ファサードは

    心躍るような感覚があり、何がここまでの差を生み出すのかが改めて分からなくなった。

    考え方なのか、才能なのか、熱意なのか、環境なのか、・・・。

    はっきりした答えは見つからないが、自分なりの答えが導き出せた時に何かが見えてくるだろう。

     

     

    スポンサーサイト

    2020.02.15 Saturday

    0
      コメント
      コメントする