建築と法律

2020.07.09 Thursday

0

    JUGEMテーマ:法律

    仕事が少し落ち着いたので来月の予備試験に向けて勉強を再開している。

    来月の予備試験は短答だから本来は短答の勉強をすべきだが、

    この何年も短答の勉強をメインに勉強してきたが、

    一向に身に付いていない感覚なので、論文の勉強をメインに進めている。

    短答に受からないと論文の試験すら受けることができないが、

    それでも論文の勉強が重要だと確信するに至っている。

     

    また、答案構成をして解答例を確認するような勉強の仕方をしていたが、

    それも結局、身に付いていない感じがあるので、

    時間はかかるがしっかり手を動かして解答するようにした。

    1科目に解答するだけでも2時間は最低かかる。

    これも効率性の観点からは悩む部分もあるが、

    しっかり手を動かし、頭を動かし、解答する勉強方法を取っている。

     

    そんな勉強方法を取っていて、ふと思った。

    設計の仕事と同じだ。

    設計の仕事も敷地があり、要望があり、

    それらを過去の経験や設計の作法とも言うべきやり方で煮詰めていく。

    ただ、検討に時間をかけ過ぎると図面を書く時間がなくなってくる。

    かと言って、検討をおろそかにすると作図段階で手戻りが多くなり、

    納得いかないままで図面を完成させざるを得なくなる。

    設計に関して、すべきことは設計の知識を身に付け、

    実際の案件を実際に見て、あとはひたすら手を動かすことである。

    ひたすら見ていて設計の力がつく人は稀だろう。

    どんな人でもひたすら手を動かして、自分らしい設計が身に付いていくものだと思う。

     

    司法試験の範囲は広い。

    まともに基本書を読んで、過去問を解いて、それを一つずつやっていっても

    憲法、行政法、民法、商法、民事訴訟法、刑法、刑事訴訟法、その他科目を1周するだけでも

    1年で終わらずに次の試験日を迎えてしまう。

    だから、今まで効率性を如何に上げて、早く回すかを考えていた。

    この半年ぐらいに改めて思ったが、

    この試験に受けるには基本書や過去問を読んでいるだけではだめで

    ひたすら手を動かして、頭を使いつつ、自分自身に染み込ませていく必要がある。

    そのためには丁寧に一つずつをこなし、早くそれを実行していく必要がある。

    さらっと効率よく回していくだけでもだめだし、

    一つに時間をかけ過ぎてもよくない。

    両方が必要なのだ。

    建築であろうと法律であろうとそれ以外の内容であっても結局すべきことは同じなのかもしれない。

    丁寧さと効率性を両立させるその分野に合ったやり方で継続していく以外に道はないのだろう。

     

    論文の勉強をメインに据えて、今まで気付かなかったことに気付くようになった気がする。

    この感覚に至るまでに何年かかったことか。

    それでも自分なりの型を見出せたなら、

    結果はすぐに出なくても、愚直にその方法を実行していくことが一番の近道かもしれない。

    それが正解かは分からないし、正解が何かも分からないが、

    自分なりに気付くことはとても価値のあることだと思う。

    また違う何かに気付いて、違うやり方をし出すのかもしれないが、

    それでも最低限、今の自分が正解と思えるやり方でやっていくことは重要なように思う。

    予備試験の延期で気付いたこと

    2020.06.02 Tuesday

    0

      JUGEMテーマ:法律

      今年の予備試験は5/17に行われる予定だったが、

      コロナウイルスの影響で延期になっていた。

      そもそも今年は行うのだろうかとぼんやり考えていたが、

      昨日、司法試験委員会から手紙が届いた。

       

      今年は8/16に予備試験の短答試験があるとのこと。

      かなり暑い時期にやるんだなと

      暑さが苦手な私はちょっと不安になった。

       

      今年はコロナウイルスの影響で良くも悪くも

      いつもと違う時間の過ごし方が出来た。

      毎年、予備試験は受けているが、

      雲を掴むような感覚がして、

      勉強はしているが受かる時が来るのだろうかと

      自分に疑問を持つこともあった。

      憲法、行政法、民法、商法、民事訴訟法、刑法、刑事訴訟法、等。

      基本書を読み込んで、過去問を解いて、条文・判例を読んで理解して、を

      繰り返してきたが、いまだ短答式試験すら合格したことがない。

      ただ、この数か月、いつもは仕事に時間を取られて

      勉強に時間をつぎ込むことがほとんどできないが、

      やや多めに時間を確保した。

       

      そして、気付いたことがある。

      いろんな合格者の記事等を読んで、

      そのやり方を参考にしつつ、

      短答式試験をまず受からないと

      次には進めないから短答式試験を中心に考えていたが、

      時間がない私がそのやり方ではいつまで経っても受からないことが分かってきた。

      試験範囲が膨大なため、各内容を1回やったぐらいでは身についていなかった。

      ここ数年を振り返っても、ある程度の範囲を1周するのに1年かかっていた。

      それではいつまで経っても受からない。

      言うなれば、波打ち際に砂の城を作ってしばらくしたら跡形もなく崩れて

      改めて作り直すことを繰り返していたような気がする。

      そう気づいて、論文式試験の勉強を始めたら

      以前よりも頭の中に内容が入ってくるようになって、知識が定着し始めたような感じがする。

      それでもあと2か月では必要十分な勉強量にはほど遠いが、

      最後まで諦めず、次に繋がる勉強をしっかり行っていきたいと思う。

      令和元年司法試験予備試験短答式結果

      2019.06.29 Saturday

      0

        JUGEMテーマ:法律

        5月に受験した予備試験の短答式の結果が返ってきた。

        合格には予想通り遠く及ばず、点数も去年とほぼ同じだった。

         

        この短答式は、憲法、行政法、民法、商法、民事訴訟法、

        刑法、刑事訴訟法が各30点満点で、一般教養が60点満点の

        計270点満点で、合格ラインは6割の160点前後である。

        今回の試験結果で今までと大きく違うのは、

        試験直前に憲法から民事訴訟法までは基本書、過去問の見直しが出来たが、

        刑法、刑事訴訟法が間に合わなかったが、

        民法が26点、民事訴訟法が23点で過去最高点数で

        間に合わなかった刑法と刑事訴訟法は過去最低点数だった。

        言い換えるなら、勉強時間はわずかであったが、

        勉強できた所は点数が取れて、勉強できなかった所は点数が取れなかったという

        当たり前の結果を得ることができた。

        まぐれではない結果を得たということである。

        もう6回も受験してこの結果であるし、

        まだ最初の短答式でしかないが、

        少しずつ合格への道筋が開いてきているような感じがする。

         

        去年は年明けにようやく前年の予備試験問題の見直しに手を付けるような状態だったが、

        今年はすでに憲法は終わった。

        仕事状況的に忙しくなりそうだから油断するとすぐに年明けになるかもしれないが、

        わずかな時間を見つけて少しずつでも来年の予備試験に照準を合わせ、

        準備を始めていきたいと思う。

        何事も地道に、だ。

         

        令和元年司法試験予備試験

        2019.05.20 Monday

        0

          JUGEMテーマ:法律

          昨日、令和元年司法試験予備試験が行われた。

          いつもの道を進み、いつもの場所へ向かう。

          今回でもう6回目の受験になる。

           

          試験会場の風景。

          年々、私も含めだが、学生ではない人の受験比率が

          多くなっているような気がする。

          私もそれなりの年だが、かなり年配の方の受験生もちらほら見受けられた。

          超高齢化社会の影響だろうか。

          元々、この予備試験は社会人を念頭に置いた試験なのだから、

          それはそれで良いことなのかもしれない。

           

          最初は民法・商法・民事訴訟法。

          直近で基本書を読み込んでいたせいか、

          悩みながらもしっかり考えながら解くことができた。

          制限時間ちょうどに解き終わったのもあって、

          とても充実して解いた感があった。

           

          その後、憲法・行政法、

          刑法・刑事訴訟法、一般教養科目、と受験したが、

          どれも制限時間内には解き終えたが、

          判断に悩む問題が多かった。

          今年は例年に比べ、難易度が高かったのかもしれない。

          朝の8時45分集合で、試験が終わったのが17時半。

          どっと疲れたので、足早に帰路に就いた。

           

          とうとう時代をまたいでの受験になった。

          この1年も結局、仕事に追われ、直近の1か月程度で

          試験範囲の基本書を読み込むのが精一杯だった。

          今まで大学受験、編入試験、行政書士試験、一級建築士試験、等、

          多くの受験をしてきたが、多くても3回目の受験で結果を出してきたが、

          すでにその倍の6回目、今回でも結果を出せる確率はかなり低い。

          勉強できる環境が今までと全く違うのだから、

          単純には比較できないが、あまりにも時間がかかり過ぎている。

          それだけ難易度の高い試験だからしょうがない部分もあるが、

          ある意味でそれに費やす時間がもったいないとも言える。

          ただ、試験も仕事と同じですぐには望む結果は出てこない。

          手を抜かずに地道に進めていくことが一番の近道であることは

          過去の経験からも分かっている。

          受験が長期に及んでいるが、気持ちは腐ってはいないので、

          今日から早速来年の受験に向けての勉強を少しずつでも進めて行きたいと思う。

           

          予備試験の勉強

          2019.03.24 Sunday

          0

            JUGEMテーマ:法律

            今年の予備試験短答まで2か月を切った。

            相変わらず、勉強は進んでいないが、

            最近、仕事が目が回るまでの忙しさではなくなってきたので、

            昨日は久々に行政法の基本書を読み込んでいた。

             

            使っている基本書、問題集等。

            予備試験を始めた頃からすればかなり量は減らしてきた。

            これだけ減らしてもまだ一回も読んでいないものもある。

            これ以上減らすのは難しいが、そもそも時間がないのは

            分かり切っていることだから、なんとかこれだけでも

            ものにしていくしかない。

             

            去年の予備試験の問題冊子。

            憲法・行政法の冊子はかなり書き込みをしているが、

            その他の冊子は去年の試験以来ぶりにページをめくった。

            その時点でなんとも言えないもやもやした気分になった。

             

            話は変わるが、今までに建築主から何度か

            「田中さんの設計事務所の売りは何ですか。」と聞かれたことがある。

            星の数ほどある設計事務所と比べて

            私の事務所だけの売りはぱっと思いつかない。

            また、その売りをぱっと言う設計事務所は

            素人は騙せるかもしれないが、同業者からすれば逆に怪しい気がする。

            私の設計は、建築主の話を真剣に聞いて、イメージを共有し、

            こちらからそのイメージを出来る限り、

            上回るような提案をするように心掛けている。

            そして、当たり前のことだが、

            報告・連絡・相談はきっちりするように注意している。

            ただ、10年以上設計をしてきて分かったのは、

            その普通のことが意外と普通ではなく、

            本当は売りにできることである。

            しかし、建築主からすれば、

            そんなことは当たり前にしてもらえると考えているはずなので、

            それが売りです、といった所で理解はしてもらえないと思う。

             

            また、予備試験の勉強をしていて思うのが、

            仕事も予備試験の勉強も同じだなと思う。

            その分野のルールを分かった上で専門用語を理解して、

            個々の事例に応用して自分なりに解いていく。

            そして、設計・建築は雑学の最たるものなので、

            純粋な理系の建築学科卒の人とは違う考え方で

            設計・建築を私なりに解いていっているように思う。

            今まで建築と法学は別々のもので融合しては役立たないと思っていたが、

            そんなことはないことが言葉ではうまく言えないが、

            分かってきた。

            ただ、言葉でうまく言えない時点で建築主にも伝えられないが。

             

            予備試験、そして、その先の司法試験で結果を出すのはまだ時間がかかりそうだが、

            設計の仕事にも通じる、表には見えてこない地味な作業をこつこつと続け、

            それを継続していくことは、予備試験等にはもちろん必要だが、

            さらには設計へも目に見える形で反映できる気がする。

            日々の時間を大切に、それぞれに邁進したいと思う。