令和元年司法試験予備試験短答式結果

2019.06.29 Saturday

0

    JUGEMテーマ:法律

    5月に受験した予備試験の短答式の結果が返ってきた。

    合格には予想通り遠く及ばず、点数も去年とほぼ同じだった。

     

    この短答式は、憲法、行政法、民法、商法、民事訴訟法、

    刑法、刑事訴訟法が各30点満点で、一般教養が60点満点の

    計270点満点で、合格ラインは6割の160点前後である。

    今回の試験結果で今までと大きく違うのは、

    試験直前に憲法から民事訴訟法までは基本書、過去問の見直しが出来たが、

    刑法、刑事訴訟法が間に合わなかったが、

    民法が26点、民事訴訟法が23点で過去最高点数で

    間に合わなかった刑法と刑事訴訟法は過去最低点数だった。

    言い換えるなら、勉強時間はわずかであったが、

    勉強できた所は点数が取れて、勉強できなかった所は点数が取れなかったという

    当たり前の結果を得ることができた。

    まぐれではない結果を得たということである。

    もう6回も受験してこの結果であるし、

    まだ最初の短答式でしかないが、

    少しずつ合格への道筋が開いてきているような感じがする。

     

    去年は年明けにようやく前年の予備試験問題の見直しに手を付けるような状態だったが、

    今年はすでに憲法は終わった。

    仕事状況的に忙しくなりそうだから油断するとすぐに年明けになるかもしれないが、

    わずかな時間を見つけて少しずつでも来年の予備試験に照準を合わせ、

    準備を始めていきたいと思う。

    何事も地道に、だ。

     

    令和元年司法試験予備試験

    2019.05.20 Monday

    0

      JUGEMテーマ:法律

      昨日、令和元年司法試験予備試験が行われた。

      いつもの道を進み、いつもの場所へ向かう。

      今回でもう6回目の受験になる。

       

      試験会場の風景。

      年々、私も含めだが、学生ではない人の受験比率が

      多くなっているような気がする。

      私もそれなりの年だが、かなり年配の方の受験生もちらほら見受けられた。

      超高齢化社会の影響だろうか。

      元々、この予備試験は社会人を念頭に置いた試験なのだから、

      それはそれで良いことなのかもしれない。

       

      最初は民法・商法・民事訴訟法。

      直近で基本書を読み込んでいたせいか、

      悩みながらもしっかり考えながら解くことができた。

      制限時間ちょうどに解き終わったのもあって、

      とても充実して解いた感があった。

       

      その後、憲法・行政法、

      刑法・刑事訴訟法、一般教養科目、と受験したが、

      どれも制限時間内には解き終えたが、

      判断に悩む問題が多かった。

      今年は例年に比べ、難易度が高かったのかもしれない。

      朝の8時45分集合で、試験が終わったのが17時半。

      どっと疲れたので、足早に帰路に就いた。

       

      とうとう時代をまたいでの受験になった。

      この1年も結局、仕事に追われ、直近の1か月程度で

      試験範囲の基本書を読み込むのが精一杯だった。

      今まで大学受験、編入試験、行政書士試験、一級建築士試験、等、

      多くの受験をしてきたが、多くても3回目の受験で結果を出してきたが、

      すでにその倍の6回目、今回でも結果を出せる確率はかなり低い。

      勉強できる環境が今までと全く違うのだから、

      単純には比較できないが、あまりにも時間がかかり過ぎている。

      それだけ難易度の高い試験だからしょうがない部分もあるが、

      ある意味でそれに費やす時間がもったいないとも言える。

      ただ、試験も仕事と同じですぐには望む結果は出てこない。

      手を抜かずに地道に進めていくことが一番の近道であることは

      過去の経験からも分かっている。

      受験が長期に及んでいるが、気持ちは腐ってはいないので、

      今日から早速来年の受験に向けての勉強を少しずつでも進めて行きたいと思う。

       

      予備試験の勉強

      2019.03.24 Sunday

      0

        JUGEMテーマ:法律

        今年の予備試験短答まで2か月を切った。

        相変わらず、勉強は進んでいないが、

        最近、仕事が目が回るまでの忙しさではなくなってきたので、

        昨日は久々に行政法の基本書を読み込んでいた。

         

        使っている基本書、問題集等。

        予備試験を始めた頃からすればかなり量は減らしてきた。

        これだけ減らしてもまだ一回も読んでいないものもある。

        これ以上減らすのは難しいが、そもそも時間がないのは

        分かり切っていることだから、なんとかこれだけでも

        ものにしていくしかない。

         

        去年の予備試験の問題冊子。

        憲法・行政法の冊子はかなり書き込みをしているが、

        その他の冊子は去年の試験以来ぶりにページをめくった。

        その時点でなんとも言えないもやもやした気分になった。

         

        話は変わるが、今までに建築主から何度か

        「田中さんの設計事務所の売りは何ですか。」と聞かれたことがある。

        星の数ほどある設計事務所と比べて

        私の事務所だけの売りはぱっと思いつかない。

        また、その売りをぱっと言う設計事務所は

        素人は騙せるかもしれないが、同業者からすれば逆に怪しい気がする。

        私の設計は、建築主の話を真剣に聞いて、イメージを共有し、

        こちらからそのイメージを出来る限り、

        上回るような提案をするように心掛けている。

        そして、当たり前のことだが、

        報告・連絡・相談はきっちりするように注意している。

        ただ、10年以上設計をしてきて分かったのは、

        その普通のことが意外と普通ではなく、

        本当は売りにできることである。

        しかし、建築主からすれば、

        そんなことは当たり前にしてもらえると考えているはずなので、

        それが売りです、といった所で理解はしてもらえないと思う。

         

        また、予備試験の勉強をしていて思うのが、

        仕事も予備試験の勉強も同じだなと思う。

        その分野のルールを分かった上で専門用語を理解して、

        個々の事例に応用して自分なりに解いていく。

        そして、設計・建築は雑学の最たるものなので、

        純粋な理系の建築学科卒の人とは違う考え方で

        設計・建築を私なりに解いていっているように思う。

        今まで建築と法学は別々のもので融合しては役立たないと思っていたが、

        そんなことはないことが言葉ではうまく言えないが、

        分かってきた。

        ただ、言葉でうまく言えない時点で建築主にも伝えられないが。

         

        予備試験、そして、その先の司法試験で結果を出すのはまだ時間がかかりそうだが、

        設計の仕事にも通じる、表には見えてこない地味な作業をこつこつと続け、

        それを継続していくことは、予備試験等にはもちろん必要だが、

        さらには設計へも目に見える形で反映できる気がする。

        日々の時間を大切に、それぞれに邁進したいと思う。

        今年もこの時期が来た

        2019.01.11 Friday

        0

          JUGEMテーマ:法律

          今年もこの時期が来た。

          年明け早々に法務省に願書送付を依頼し、

          昨日願書が届いた。

           

          平成31年司法試験予備試験の受験案内書類。

          今回で6回目の受験。

          ただ、案の定、仕事の忙しさにかまけて、

          勉強は進んでいない。

           

          一級建築士試験の時は何度も受験をしても

          なかなか受からない人が周りにちらほらいて、

          何故この人たちは試験に受からないのだろうかと不思議に思っていた。

          だが、この予備試験に関しては私も同じような状態なので、

          その人たちのことがよく分かる。

          一言で言うなら、勉強していないから受からないのである。

          全く勉強していないわけではないのだろうが、

          仕事が忙しい、勉強する時間がない、等の理由をつけて、

          結局、本腰を入れて勉強していないから受からないのだ。

          受かりたいなら、勉強をすればいい。それだけだ。

          受かりたいのなら

          2018.10.16 Tuesday

          0

            JUGEMテーマ:法律

            この時期になると本屋で探す本がある。

             

            今年度の司法試験の問題と解説。

            予備試験を受け出す前から買いだしたので、

            すでに10冊を超えた。

             

            予想はしていたが、今年の予備試験を受けてから

            ほぼ法律の勉強は進んでいない。

            ただ、去年の春頃から設計の仕事の忙しさに飲み込まれ続けていたが、

            最近になってようやく忙しさの歯車と私自身の仕事の進め方等が同期してきて

            多少なりとも余裕が出てきた。

            受験生ほどは時間は確保できないが、サラリーマンよりは時間が取れそうな気がする。

             

            今までいろんな試験を受けてきて言えるのは、

            試験に受かりたいなら、まず実際に手を動かすこと、

            すなわち勉強を実際に始めることだ。

            設計も検討ばかりしていても良い建物はできない。

            最低限の検討はするにしても、

            まずはプランを書くなりして実際に手を動かしていくことが大切だ。

             

            毎年、過去問を買って本棚がそれに占領されていくのは恥ずかしいことだと思わなくてはならない。

            私は時間を無駄にしたり、されたりすることが一番嫌いだが、

            ずるずる勉強を続けることはとても時間の無駄だと思う。

            受かりたいのなら、正しい方法で勉強を継続させること、

            それに集中すべきだと思う。

            ようやくそのタイミングが来たように思う。

            自分に言い訳せずに手を動かしていきたいと思う。