疾風に勁草を知る

2020.06.12 Friday

0

    JUGEMテーマ:人生論

    生活や仕事の拠点が神戸三宮なので、

    三宮センター街をよく通る。

    そして、センター街のアーケード下によく垂れ幕が下がっている。

    美術館の展覧会の案内であったり、

    東日本大震災で被災された方を応援しよう、等。

    その時々でいろいろと掲げられている。

    いつもはふーん、ぐらいに見過ごしていたが、

    最近、通る度に何故か目が行く垂れ幕があった。

     

    「私達は負けない」はコロナだからかと思ったが、

    それ以上に左下に書いている漢文とさらに細かい字でかかれている内容が

    通る度になんとなく心に響いた。

    「疾風知勁草」

    意味は困難や試練に直面した時にはじめてその人の意思の強さや

    節操の堅固さ、人間としての値打ちが分かること、らしい。

     

    まだコロナウイルスの影響はこれからいろいろな所で出てくるかもしれないが、

    私自身は3月時点でかなり影響があったので慌てふためいた。

    ただ、決して余裕がある訳ではないが、

    4月からは今すべきことを淡々と実行し、今に至る。

     

    以前からもそうだが、日々の生活で基本的に用事がある時を除いて、

    休日は設定していない。

    平日と週末の違いはなく、「1日1日」があるだけだ。

    午前中、午後、夜と区切って、設計の仕事か建築の勉強、

    もしくは法律の勉強をしている。

    やってもやっても終わらない。

    振り返れば、この生活は大学受験の頃から何も変わっていない。

    行きたい大学に合格するため、建築を大学で学ぶため、

    一級建築士になりたいため、独立して設計事務所を開業するため、

    弁護士になりたいため、建築と法律のプロになりたいため、

    常に何かしらの目標や希望があってそれに向けてがんばってきた。

    ただ、がんばってはいるが、がんばっているつもりで満足していないかと

    度々、自問自答する。

    がんばっているつもりが一番怖い。

    本人は満足していても自己満足に終わり、結局、結果が出せないからだ。

     

    ただ、「疾風知勁草」という文章と意味を知り、

    今までの自分自身やコロナウイルス以降の自分自身を考えた時に

    自分で自分の意思の強さや節操の堅固さに気付かされたような気がした。

    変な感覚だが、自分で自分自身の存在がうれしくなるような感じだった。

     

    人生の節目節目で出会うべき人や本や文章がある。

    必死にやっていればやっているほど、ふとした時にそういったものに出くわす。

    今回出会った文章に、その調子でがんばれよ、と言われているような気がした。

    今、直近で私の中で目標であり、目指しているのは、建築と法律のプロ、である。

    今までの目標と違って、明確な結果としては現れてこない目標である。

    この目標は仮に司法試験に合格したり、設計の何かしらの賞を頂いたからといって

    達成できる目標ではない。

    なんとなく思っているし、たぶんその通りになると思っているが、

    死ぬまで追い求めて、死の直前にそれに成れたと言えるかどうかという果てしなく遠い目標である。

    それでも単調な日々にも関わらず、1日1日をそれに費やすのに飽きることもなく続けている。

    人生を通して、きっと私にとって大切なことだからだと思う。

    1日1日を大切に必死に生きていきたいと思う。

    分かっているつもり

    2020.03.27 Friday

    0

      JUGEMテーマ:人生論

      先日、知り合い二人と飲みに行った。

      その二人は会社の代表である。

      会社員時代は会社の人と月に数回は飲みに行っていた気がするが、

      事務所を始めてからは年に数回程度しか飲みに行っていない。

      特に飲みに行きたいとも思わないし、

      毎日、仕事か勉強の日々だが、なんとなく充実した感じがする。

      きっとこの生活が合っているのだろう。

       

      その二人と飲みながら、

      仕事の立場がら、やはり話題はコロナウイルスのことや

      今後の仕事の話がメインだった。

      いろんな話をしながら、私自身、設計事務所を始めてから

      思い悩んでいることを話して意見を聞いてみた。

      ある一人から言われたのは、

      「田中さん、考え過ぎですよ。本当に真っすぐな人やな」と言われた。

      言われて思ったが、この「考え過ぎ」「真っすぐ」という単語は今まで何人の人に言われただろうか。

      必死になればなるほど、この要素が顔を出してきて、私自身がぐるぐると混乱の状態になる。

      そして、言ってくれる人もこの発言をする時は大体、苦笑いをしながら言ってくる。

      私の解釈としてはそれらは私の長所であり、短所であり、

      人からすると苦笑いする感じの人間臭い部分なのかもしれない。

      設計事務所を運営する日々は私自身に合ってはいるが、

      唯一欠点はある。

      会社に所属している時ほど人といろんな話をする機会がないので、

      一人悩むことが多い。

      また、年齢的立場的にも上からアドバイスされることが少ない。

      特に必死になればなるほど、自分で解決しなければならないことが多いので、

      余計に思い悩むのかもしれない。

      ただ、分かっているつもりではいたが、その一言を言われ、

      なんとなく肩の力が抜けた気がした。

       

      コロナウイルスが流行り始めた時は世の中大変だなぐらいにしか思っていなかったが、

      気付けば遠い近いの違いはあるが、それが原因でいくつかの仕事が流れてしまった。

      他の設計事務所が出している書籍で以前のリーマンショックの時は大変だったと

      いろんな設計者が語っていたが、ふーんぐらいにしか感じていなかった。

      ただ、今回のコロナショックがまさしくそれだと身をもって体験させられた気分である。

      本当に大変だ。

      でも、こんな時だからこそ、すべきことがきっとある。

      実際、仕事がかなり忙しい時と同じぐらいにここ最近は忙しい。

      今仕事が忙しくなると困ると思うぐらいにすべきことがたくさんある。

      どんな時でも全てはより良い設計者になるために時間をつぎ込んで行きたいと思う。

      原理原則を大切にして、真摯に物事に取り組む

      2020.02.09 Sunday

      0

        JUGEMテーマ:人生論

        先日、役所である申請の提出書類の協議をしていたが、

        回答が曖昧で2つの課を結局、三往復した。

        ただ、結果として、明確な回答が得られないまま、

        とりあえず書類を作ってほしいとのことだった。

        また、やり取りの最中も不遜な対応でなおさら辟易した。

        その対応は別としても、

        こちらからすると依頼主にそのあやふやな回答を伝えなければならないし、

        その書類に労力をかけて提出しても

        対価が得られないまま、その労力が無駄になるリスクがある。

        ただ、やり取りしていても、こちらのそのような懸念を

        理解してもらうのは難しいことは伝わってきた。

         

        仕事をする上で私が重視していることがある。

        「真剣に人の話を聞く」、「分からなければ質問する」、

        「期限を守る」、等である。

        社会人1年目の人が守るべきような原理原則のような内容である。

        もちろん、それ以上に私なりの価値観や経験で

        重視する内容はあるが、それは二の次にしている。

        人それぞれの主義主張があるし、

        人それぞれの常識や「普通」と考えていることを

        共通させるのは難しいと思うからである。

        ただ、誰しもが納得するであろう、

        社会人1年目の人が守るべきような内容ですら、

        仕事をしていると守られていないと感じることがある。

        私の独りよがりの価値観ではなく、

        誰しもが納得するであろう、基本的なことなのに

        それは何故なのだろうかとずっと疑問だった。

        そして、ふと思った。

        そのとても基本的なことすら守らない方が普通なのではないか。

         

        学生の時はあまり本を読んでいなかったが、

        社会人になってからはよく本を読むようになった。

        建築、法律の本はもちろん、歴史、経済等の本もよく読んでいる。

        そして、特にピーター・ドラッカーの本を読んだように思う。

        ピーター・ドラッカーは経営学者で、本もたくさん執筆している。

        何冊か読んだが、経営学者だから、

        会社組織、マネージメント、マーケティング等がメインの題材だが、

        結局、彼が強く言っているのは、

        全ての土台は「真摯さが重要である」と指摘している。

        なんらかの数式や手法ではなく、真摯さという人間くさいことを重視することに

        違和感もあったが、とても納得した。

         

        私自身、物事が複雑だとしても、1つずつ小分けにして分解していけば

        誰もが理解できる、シンプルなものになっていくと考えている。

        それは仕事もそうだし、設計もそうだし、ひいては人生もそうだと思う。

        それらの最小単位は物事の原理原則だと思う。

        それらはとてもシンプルなことだし、特別な技術がいる訳ではない。

        やるかやらないかだけだと思う。

        役所とのやり取りは一例だが、何故、そんな簡単なことすらしないのかと

        今まで怒っていたが、これだけ続いてやっと分かった。

        決して簡単なことではないのだ。

        原理原則を徹底して実行することは難しいことなのだ。

        「原理原則を大切にして、真摯に物事に取り組む」と言葉を与えたが、

        振り返れば、そのようなことを私自身、とても大切にして生きてきたように思う。

        器用ではない私からすればとても高度なことはできないから

        そんな基本的なことだけは最低限徹底して行うように心がけてきた。

        ただ、今まで他人から評価されたり、なんらかの結果を出す時は

        結局、その基本的なことを徹底して行って、継続してきたからだと思う。

         

        私は手書きの手帳を愛用している。

        見開きで1週間の手帳だが、

        その右上に毎ページごとにその言葉を書き綴っている。

        日々、それを忘れないためだ。

        私自身は最低限の普通のことと思っていたが、

        褒められるべき特殊なことなのかもしれない。

        うまく行かない時もあるし、相手に通じない時もあって

        思い悩むこともあるが、今はより一層強く思う。

        仕事、設計、人生において、

        今後も原理原則を大切にして、

        真摯に物事に取り組んで行きたいと思う。

        年明けからバタバタ

        2020.01.11 Saturday

        0

          JUGEMテーマ:人生論

          去年末にリノベーション案件が完成した。

          ただ、開業1年目以来、初めて工事中の現場がなくなった。

          また、年末に話を頂いた案件も敷地内増築の計画だが、

          いろいろと調べていくと一部解体はするが、

          それでも建築主の要望通りに建物を建てようとすると

          建蔽率オーバーになることが分かった。

          さらにその他の案件は申請待ちの案件であったり、

          ローン待ちの案件であったりで仕事が止まってしまっている。

          年明けからの状況を考えると俺、大丈夫か、という不安な気分になってきた。

          ただ、以前に友人から「仕事がなくなってきても、

          しっかり仕事をしている設計事務所は

          不思議と仕事が入ってくるよ。」と言われた。

          そんなうまい話なんてあるのかな、と思いながら、年を越した。

           

          年が明けて今週初めに建蔽率オーバーの件で打合せに行った。

          この話は流れてしまうのだろうなと思いながら話していると、

          打合せをする中で建物規模は当初よりは小さくなるが、

          建築主も要望を変え、計画を進めていくことになった。

          また、知り合いから久しぶりに連絡があり、

          1年以上前に止まっていた案件が

          急遽、動き出すことになった。

          さらに申請待ちだった案件が1年越しでようやく申請が下りてきた。

           

          今年度の予備試験の願書。

          正月に願書郵送を依頼して早速届いた。

          また、長いこと、参加したいと思える建築関係のセミナー等もなかったが、

          今日送付されてきたDMメールで非常に興味があるセミナーがあった。

           

          去年の年末には来年の私は大丈夫だろうかと不安な気持ちでいっぱいだったが、

          年明け早々に逆にこの忙しさは大丈夫だろうかと思えるほどに

          急に状況が変わってきた。

          これから動いていく設計の案件はどれも一筋縄では行かない、

          難易度の高い内容だが、やる気が溢れている。

          それに加えて、予備試験やセミナー等、さらに取り組むべきことはあるが、

          することがなくなっていく不安感に比べれば大したことはない。

          時間を味方に付けて、一つ一つをしっかり取り組んでいきたい。

          年賀状

          2020.01.02 Thursday

          0

            JUGEMテーマ:人生論

            年が明けて年賀状が来た。

            小さい頃は面倒くさくて

            何故のんびりしたいのにわざわざ机に向かって

            書き物をしなければいけないのか分からず、

            親に言われるまま、泣きながら書いていた気がする。

            当たり前だが、大人になってようやく苦痛を伴わずに

            学生時代の友人や親戚等に年賀状を書くようになった。

             

            今年もたくさん年賀状が来ていたが、例年と違って

            今まで設計に携わった案件の建築主や施工者からの

            年賀状がとても多かった。

            今年の春で開業して丸4年。

            そして、5年目が始まる。

            ちょっとずつ仕事を通して関わる人達が増えたのだなと

            感慨に耽っていた。

             

            建築主からの年賀状には

            「人生を過ごしていく家づくりを田中さんに

            お願いしてよかったと思っています。」

            「新居が快適すぎます〜」等、書いてあった。

            今まで精一杯、設計に取り組んで来て

            私の力や理解の足りない所もあっただろうし、

            それがために建築主や施工者にも迷惑を掛けた部分もあると思う。

            ただ、その度にそれをそのままにせずに

            私自身をより良くするためにいろいろと

            建築主や施工者にも質問したりして勉強させてもらってきたように思う。

            年賀状なので形式的な文面にはなることは前提としても

            私が設計したことに対してそのように年賀状を送ってきてくれることが

            とてもうれしく思う。

            40歳を過ぎてもまだまだ勉強が必要だと考えている私だが、

            さらに勉強させてもらいつつも

            より良い設計という仕事でこれまで関わってきた人達にも

            これから関わる人達にも還元できるように今年1年もがんばって行きたい。