バランスが取れてきた

2019.02.13 Wednesday

0

    JUGEMテーマ:人生論

    昨日は誕生日だったが、朝から熱が出て調子が悪かった。

    しかし、午後からここ最近では最後のプレゼンの約束があったので、

    無理を押して打合せに行ってきた。

    非住宅の計画案件で私なりの工夫を凝らした案を提案してきたが、

    建築主にも「この案は面白そうです。」と言ってもらえた。

    他の設計事務所と競合しており、

    ローンや家族との調整もあるとのことで、春以降に返答をもらう予定だ。

     

    設計事務所の仕事は打合せ、設計、現場監理を経て、建物が完成する。

    小売業と異なり、この会社の商品は良いからと言って、

    いわゆる、リピーターのお客様というのは存在しない。

    仮に建築主が私の仕事ぶりにほれ込んでくれたとしても、

    その建築主から同じように設計の依頼が再び来ることはない。

    なぜなら、すでに建物は建っているのだから。

    強いて言うなら、完成した建物の見栄えが良い等で異なる建築主からの

    仕事の依頼は来るかもしれない。

    ただ、私としてはもちろん見栄えする建物を設計したい気持ちもあるが、

    私と共に、完成する建物へ向けて、建築主が信頼と尊厳を持って打合せに臨み、

    対等に協力し合える関係で建物完成することが一番の望みである。

    仮に見栄えが悪くても、建築主と設計者が試行錯誤して計画内容を固め、

    施工者がその思いを受けて完成した建物はどんな建物よりも素晴らしいと考えている。

     

    また、売り上げが上がってくると設計事務所を法人化することも考えたりする。

    人を雇ったり、税金対策のためである。

    実際、いろんな設計事務所のHPを見ていると、早い時期に法人化している設計事務所もある。

    現在の私は一応所員はいるが、実質的に一人で全てを行っている。

    営業活動的なプレゼン案を考えたり、打合せ中の建築主と一緒にショールームを廻ったり、

    カウンターの厚みは25mmにするか、30mmにするか悩みながら図面を書いたり、

    申請関係で役所と折衝したり、現場で現場監督と打合せをしたり。

    確定申告も自分で提出している。

    通常であれば新人時代に図面の書き方を覚え、

    中年になれば下の所員達を取りまとめ、案件ごとの進捗管理を行い、

    組織の上の者になれば営業活動がメインで図面を書くこともなくなるだろう。

    それは独立して設計事務所を始めた人も同じことだし、

    その方が自然の流れかもしれない。

    それに仕事が増えてくれば全てを一人でこなすことも無理になる。

     

    昨日の誕生日の時に誕生日プレゼントに何が欲しいかいろいろと想像したが、

    出た結論としては「人として常識的で品性がある建築主からの仕事の依頼」だった。

    自分としてもきれいすぎる回答だったので、

    そんなきれいごとではなく車や腕時計等はどうか、

    本当の所はどうかと再度、真剣に自問自答したが、

    答えは変わらなかった。

     

    昨日のプレゼン後、帰り道、考え事をしていた。

    もう少しで事務所を開設して丸3年で、

    特にこの1,2年は先々の仕事の不安から

    怪しげな会社の仕事や下請け仕事、

    初対面でもこの建築主の仕事はまずいなと察するような仕事でも受けてきた。

    不安な気持ち以上にリスクが高すぎる仕事は断ってはいたが。

    しかし、いつも手帳に書いていた案件、

    それは望むと望まないとの区別なく、受けようとしていた案件が手帳の

    上から下まで埋まっていたものが気付くと手帳の半分ぐらいに絞れていた。

    この1,2年はやみくもに仕事を受けようとしつつも、

    逆にいかにそれらを減らすことができるかの試行錯誤でもあった。

    帰りの電車で手帳を眺めていると、

    着工中案件、打合せ中案件、今後依頼を受けるかもしれない案件の数が

    この3年で初めて質、量的にバランスが取れた内容になっていた。

    しかも、それらの建築主は私の求める建築主にもなっていた。

     

    私は結局、見栄えの良い建物を建てて有名になりたい訳でもないし、

    自分の設計事務所を法人化して組織として大きくしたい訳でもない。

    自分で図面を書くことを放棄してまでも経済的に豊かになりたい訳でもないし、

    できれば死ぬ最後の日までカウンターの厚みを悩んでいたい。

    私の求める建築主と納得のいく建物を建てていきたいだけである。

    ただ、この瞬間だけかもしれないが、その望む状況になってきたことに

    自分自身驚いたし、人生は本当に望めばそうなるようにできているのかもしれないとも思えた。

    ほっとしたのか、昨日の午後から今日一日寝込んでしまったが、

    なんとなくうれしい寝込みだった。

     

    設計という仕事は難しい。

    設計自体に良い悪いもあるし、設計内容が建築主に合っている合っていないもある。

    建築主の計画の立案がなければ設計自体始まらないし、

    建築主の人間性、社会経験、設計・施工への理解によっても左右されるし、

    どんなに良い設計図が出来上がっても、施工者の技量によって建物の完成の良し悪しは決まってくる。

    さらに設計者が望む建築主もいるし、その逆もいる。

    考え出すと数限りない要素があり、設計者が望む「設計」が行える機会があるのか

    分からなくなってくるが、私の望む「設計」を行える日が確実に近づいてきたように思う。

    それはそれでうれしいことだが、これはあくまでスタートラインとも言える。

    これから、この状況、そして、この思いを継続させていけるかが

    本当の勝負だと思う。

    メーカーの営業さん?

    2019.02.11 Monday

    0

      JUGEMテーマ:人生論

      いろいろなメーカーにカタログの送付依頼をすると、

      6,7割の確率で数日以内に電話がある。

      知らない番号の着信で出てみると、案の定、メーカーの営業さんで

      カタログを事務所に届けに行きたいという内容である。

      ただ、経験上、新商品等の有益な情報もあるが、

      ほとんどがカタログを読めば分かるような情報を1,2時間かけて話すので、

      基本的には訪問はお断りしている。

      彼らの仕事が、会って商品をアピールすることだからしょうがないのも分かるが、

      こちらからすると貴重な時間が減ってしまうので、それはそれでしょうがない。

       

      そして、先週、知らない番号から着信があった。

      数日前にカタログを依頼した所だったので、

      営業さんかと思いながら、出るのも礼儀だと思って電話に出ると、

      「田中さんの事務所でしょうか。」

      「はい。」

      「鉄骨造の店舗の設計のご相談は可能でしょうか。」

      「はい!?」

      なんと設計依頼の相談だった。

       

      今日、その電話連絡頂いた建築主ご夫婦とお会いした。

      ご夫婦は関東在住でご実家が神戸とのこと。

      また、現在、敷地には店舗併用住宅が建っているが、

      それを取り壊して新たに重量鉄骨造の店舗併用の二世帯住宅を計画中とのことだった。

      まだ動き出したばかりで分からないことだらけとのことだが、

      設計を依頼するのは私も含め、すでに2,3社に絞っているらしい。

      諸事情で着工は2年後ぐらいを考えているので、

      その間に依頼する設計事務所や計画内容を詰めていく予定らしい。

      ご夫婦ともさわやかな印象で、話す言葉も選びながら話しているのが伝わり、

      人柄も好感が持てた。

      こんな人達と協力して設計を進めて行けたら、

      きっと素晴らしい建物になるだろうなと強くイメージができた。

      また、数か月後に帰省されるとのことだったので、

      再会を約束して別れた。

       

      午後からは以前にホームページに連絡頂いた方への

      初回プレゼンを行ってきた。

      リノベーションなので、現地調査をしないと本当の意味での設計はできないが、

      事前に頂いていた当時の図面と完成イメージ画像で私なりにイメージを膨らませてプランしたが、

      どのような考え方でどうしてこういうプランになったかを一通り説明すると、

      建築主から一言、「良い建物になりそうなイメージが湧いてきました。」と言って頂けた。

      また、前回時点で私に依頼すると言って頂いていたが、

      逆に私の方が不安に思っていた。

      だが、今日も建築主の方から今後の打合せの進め方や契約時期等の質問をもらった。

      それでもまだ疑心暗鬼だったので、

      「設計事務所は実際の所、たくさんあるので、

      他を念のため確認しなくても大丈夫ですか。」と尋ねたが、

      「HPとブログと実際にお会いして、

      ピンときたので、他にはお願いしません。」とまで断言して頂いた。

      今日はいろいろとイメージ共有が進んだ感じで

      私なりに仕上がりのイメージも具体化してきたので、

      今後も建築主とのやり取りを進めながら、質の高い設計を進めていきたいと思った。

       

      今日初めてお会いした人で、年が明けてからこの1か月で3組目。

      全ての案件が設計をさせてもらうことにはならないかもしれないが、

      それでも縁もゆかりもない人から設計相談の連絡が来ている。

      この春で事務所を開設して丸3年で、

      まだまだ完成物件も少ない。

      プロポーザルも不定期に参加しているが、まだ結果は出ていない。

      設計とは何なのか、という自分に課した命題にも明確な答えは見いだせていない。

      それでも、この3年は自分なりに濃密でかつ、必死に設計というものに対して

      正面からぶつかっていった時間を過ごしてきたという自負はある。

      事務所を開設した当時は社会の隅っこで細々と戦っていこうと心に決めて今に至る。

      その一部始終を誰かが見ていてくれたわけではないし、

      設計能力、法律の知識、人間性、コミュニケーション能力等、

      優れた人と比べると劣っている自分を感じるが

      全てひっくるめて戦っていこうと自分に誓った時から何かが変わっていっているのかもしれない。

      結局、最後はこの一言。

      精一杯がんばろう。

      年末年始

      2019.01.03 Thursday

      0

        JUGEMテーマ:人生論

        先日電話連絡頂いた方からは

        そもそも仕事として依頼もしてもらっていないし、

        依頼してもらったとしても完成する見込みも不透明だが、

        たまたま年末に期限切れの切符を持っていたのと、

        来年以降の仕事を考えた時にふと見に行くべきと思い、

        年も押し迫った12/31に敷地を見に行った。

         

        計画敷地に向かう途中でなんとなく見たことがあると思ったら、

        SUPPOSE DESIGN OFFICEの案件だった。

        HPの印象より実物はかなりローコストな建物の印象だった。

        建物の仕上がりうんぬんよりも縁のない大阪に

        住宅ではない建物を建てる機会を持つことができる能力に感心した。

         

        この年末年始は約7年ぐらい使ったパソコンを新しく買い替え、

        パソコンのデータの入れ替えや不要なデータの整理を行っていた。

        事務所を始めてもう少しで3年だが、

        データを整理しているとプレゼンで終わった案件や

        ある程度打ち合わせを進めたが結局、着工しなかった案件を含め、

        今までで約35件ぐらいのフォルダがあった。

        1年で約12件程度。

        また、今まで勤めてきた設計事務所の図面等も見返していた。

        何かの役に立つかもしれないと思い、部分的に残していたが、

        そのプレゼン案件等も含め、全て削除した。

        100GB程度はあっただろうか。

        結局、ほぼ役立たなかった。

        改めて考えると自分の目指す設計をしようと思うと過去の内容は

        あまり役立たないことが分かった。

         

        また、この3年もそうだが、去年は特にいろいろと苦労する場面が多かった。

        ただ、事務所を始めて間もないし、

        多少、きな臭くてもまずは精一杯仕事として取り組むことで

        何かしら見えてくるものがあるのではないかと考えていた。

        それが12件/年程度のプレゼン案件に繋がっていると思う。

        実績や人脈があれば良いのだろうが、

        それがない私はまずはチャンスがあれば精一杯やることしかできない。

        建築主からすればどんな仕事をしてくれるか分からない設計者に設計を依頼する以上、

        プレゼンという方法でしか設計者の在り様を伝えることができない。

        それでも時間は有限だから、このプレゼン量を少なくする必要があると思った。

         

        そして、この3年で見えてきたことは

        「一つ一つのことに対して手を抜かないこと」はとても重要だと改めて思った。

        当たり前のことだが、それがきっちりできている人は少ない。

        12/31に依頼もされていない敷地を見に行ったのは

        その姿勢を改めて自分自身が確認するためだった。

        仕事に対して絶対に手を抜かないと決めた上で

        有限な時間を有効利用するためにはよりシビアな判断力が必要だと思う。

        それを身に付けないと自分の目指す場所へは辿り着けないことははっきり分かってきた。

        まだ自分の事務所を始めて3年も経っていないのだから、

        すぐに状況が変わる訳ではないが、

        しっかりと軌道修正しつつ、その目指す場所を見据えて進んでいきたい。

         

         

        20年後の自分

        2018.12.20 Thursday

        0

          JUGEMテーマ:人生論

          先日、知り合いから紹介してもらった案件を

          その知り合いと私の共通の知り合いの工務店に依頼しようということになり、

          その知り合いの工務店の担当者と今後の流れや諸々のすり合わせのため、

          久しぶりに会うことになった。

          そして、駅で待ち合わせ、まずは一緒に計画敷地を見に行くことになった。

           

          計画敷地からの風景。

          まだ初回のプレゼン図面を書いてもいないのに、

          この敷地を訪れるのは今日で3回目。

          何か縁があるのだろうか。

           

          その後、打合せも兼ねて、その知り合いと昼食をとることになった。

          昼食をとりながらお互いの近況を話していると、

          私のブログを見ているという。

          特に宣伝もしてないけど、いろんな人が見ているんだなと思った。

          そして、「あのブログ、悲壮感が漂ってるぞ。」と言われた。

          そりゃ、精一杯がんばってるから悲壮感も漂うのもしょうがない、等と話していたが、

          改めて考えると、このブログ、元々、私のように不安の中、設計事務所を始めようとか、

          社会人になったけど司法試験を目指してます、とか考えている人の参考になればと始めたが、

          さらに改めて考えると、20年前の自分に書いているような気がする。

           

          話は変わるが、私の祖母は私が二十歳になる前に亡くなった。

          とても優しい祖母で、夏休み冬休みに帰ると、

          いつも私が大好きな赤飯をたくさん作って待っていて、

          百貨店で何か催し物があれば連れていってくれて、

          子供ながらに感謝と愛情を感じていた。

          祖父も私には優しかったが、戦争帰りの祖父だったので、

          子供ながらに祖母への当たりが強かったような気がした。

          祖母は特にそれに対して文句を言うこともなかった。

          そして、祖母が亡くなった時に一番思ったのが、

          「おばあちゃんは、自分の生きたいような人生を送っていたんだろうか。」

          という思いだった。

          その思いがあったから、私自身、同じ大学を3回受験したり、

          建築士になるために建築学科に行く必要がある、

          文系から建築学科に行くにはどうすればよいかと考え、

          日本全国の大学を調べて建築学科に編入したり、

          40歳を過ぎても弁護士になる、という思いを持ち続けていたりする。

          祖母の死の時に沸き上がった気持ちが今でも継続しているから、

          こんな人生を送っているのだと思う。

          建築主や施工者にまでその重い悲壮感を感じさせたくはないが、

          私自身、自分の人生を精一杯生き切ってやる、ぐらいの気持ちで仕事等に臨んでいるから、

          その知り合いの工務店担当者には「悲壮感」のようなものを感じさせたのかもしれない。

          そうであれば、自分の人生をしっかり生き切っているのかもしれない。

           

          昼食後、別案件で役所へ調べものがあるので、そこで下ろしてもらった。

          その案件は土地が広く、開発許可が必要になる可能性があった。

          いろいろ話していると、開発課の担当者の口から

          「この場合だと近隣協議が…」と出てきたので、

          その瞬間、今年最も苦しんだ福祉施設での開発届出の苦しい日々が蘇ってきた。

          最後まで話を聞くと、その最悪な流れは回避できそうなので、

          ほっと胸をなでおろした。

           

          日々の日常は役所に行っていらいらしたり、

          一日中、パソコンに向かって、数ミリの寸法を調整したりで

          見方によっては地味でつまらない日常かもしれない。

          ただ、20年前の自分に言ってあげたい。

          「20年後も今と同じで悲壮感を漂わせて、もがいているけど、

          一歩ずつ前には進んでいるよ。」と。

          夏休みの宿題

          2018.09.01 Saturday

          0

            JUGEMテーマ:人生論

            8月が終わり、9月が始まった。

            思い返せば8/31はいつも溜まりに溜まった終わらない量の夏休みの宿題を

            毎年やっていた気がする。

            普段は提出物は期限を守り、テストも特別悪い点数を取ったこともないが、

            何故か夏休みの最終日、8/31は毎年夜遅くまで作業していたような気がする。

            読書をして何故、その感想を文章にして提出しなければならないか納得がいかなかったし、

            自由に研究してその成果を提出しなさいと言われても、

            やるべき範囲が広すぎるし、突然、研究と言われても意味が分からなかった。

            そんな文句を言いながら、8/31を迎え、妹に読書感想の雛形を作ってもらい、

            母に何かしら自由な研究らしき大枠を作ってもらって、

            どうにかこうにか登校日にそれぞれの成果品を持っていっていた。

            今考えると情けない。

             

            今年の夏は去年から着工していた案件も完成して現場監理も落ち着き、

            春から打合せていた案件が秋ぐらいからの着工が続くので、

            夏前ぐらいから確認申請の書類作成や実施設計図面を書くことに集中できる状態だったので、

            季節は夏だったが、ほぼ屋内にこもってひたすら書類や図面を書き続けていた。

            夏前の予定では、8/31時点でほぼすべき内容は完了し、

            着工を迎える秋までかなり余裕ができるはずだった。

            しかし、8/31が明けて9月に入ったが、結局、着工が続く秋まで全力で

            書類や図面を書き続けないと着工に間に合いそうにない。

            昨日も夜遅くまで作業をしていた。

            ふと、小学生の時と同じではないかとも思ったが、

            そうではない。

            自分のすべきことに納得した上で計画的に毎日進めてきたのだから、

            終わるはずである。

            ただ、しばらく前から気づいていたが、すべき内容や量が多すぎるのである。

            独立して間もないし、自分の事務所を継続できなくなるのが

            怖いから何でもかんでも手を出してきた気がする。

            もちろん、ためになったこともあるし、

            そこまで無理をしてきたから今があるとも思う。

            ただ、以前から思うが、私の設計事務所は自分で決めたコンセプトからしても

            量をこなすよりもいかに質を上げていくかで、事務所が継続できるかが決まってくるように思う。

            そのためにも無理やりにでも頭を空っぽにする時間を意図的に作るようにしないと

            その実現は難しいように思う。

            そこで決めた。

            今後、下請け仕事はしないことにした。

            生きる糧にはなるが、精神的負担が大きく、費用対効果がかなり悪いためである。

            また、仕事量や設計料が不明瞭な仕事も断ることにした。

            相手の都合が優先されてこちらの負担が大きいためである。

            そんなにこちらに都合の良い仕事ばかり来る訳はないのも分かっているし、

            そんな仕事であっても事務所を継続させるには仕方がないし、

            そんな仕事を受けないことでもリスクが増えることも分かっているが、

            長い目で見た時にそのような仕事に時間と労力をかけていても

            自分の目指す事務所としての在り方に辿り着くのに

            あまりにも時間がかかり過ぎるように思ったからである。

            変えると決めて物事はすぐに変わる訳ではないが、

            変えていかないといけないと強く思った以上、

            その方向性に合うように一つずつ変えていけば自ずと道は開けてくると思う。

            まずは実行だと思う。