広がる海

2019.02.16 Saturday

0

    以前から動いている、敷地にスロープを設ける申請のため、

    昨日、警察署を訪れた。

     

    敷地を含む区域を管轄する警察署。

    設計も長くやってきているが、

    その仕事上で警察署にやってくるのは初めてだった。

    畑違いの場所なので、やや構えて窓口に向かった。

    しかし、こちらの予定している工事内容を伝えると

    特にこれと言ってややこしいことも言われず了承してもらったので、

    逆に拍子抜けした。

     

    申請しようとしている歩道部分。

    警察署を出た後、作図した申請図の内容を現地と比較、確認するために

    久しぶりに計画地に向かった。

    測量図を元に申請図を作図していたが、

    現地と同じ寸法であることを確認した。

     

    敷地近くの側道。

    古くからある側道のため、上の交通量の多い道路と比べ、

    突然、アンダーグラウンドな雰囲気だった。

    この雰囲気は嫌いじゃない。

     

    敷地南側に広がる海。

    申請図の内容を現地で実際、確認し、

    雨水処理は周辺の敷地でどのようになされているか調べ、

    スロープと道路との接続部分の検討等を行い、

    最後にまだ行ったことがなかった、

    敷地南側の防波堤に登り、海を眺めた。

    今回の申請で道路から敷地へ下りるスロープは

    早い段階で施工することになりそうだが、

    建物はまだ先の計画とのこと。

    ただ、今まで敷地北側の道路側のみの話だったので、

    あまり海側を意識してこなかったが、南側の海は水平線が見えるほど、

    何も遮るものがなく、とても眺望が良かった。

    いつか建つ建物の設計をする機会があるなら、

    ぜひともこの眺望を生かした設計がしてみたい、と思いながら、

    敷地をあとにした。

    実家の地鎮祭

    2019.01.14 Monday

    0

      この連休中に実家の地鎮祭に出席してきた。

      地震が起きてから長い時間がかかったが、

      ようやくここまで来た。

       

      地鎮祭前日に地縄を張っている状態。

      慣れ親しんだ場所に地縄が張られていることに違和感を感じつつも、

      最初は一部崩れ落ちた家をどのように復旧するか

      現地調査を始めたのが約3年前で、

      その後、更地になってからも確認申請を受け付けてくれる所はあるのだろうか、と

      模索したことも思い出しながら、

      しばらくその場所を見つめていた。

       

      地鎮祭後の後片付け。

      当日は14時から地鎮祭を始めるとのことだったが、

      13時半過ぎ時点で神社さん、工務店、現場監督、担当大工さん、

      電気屋さん、水道屋さん、親族等、私以外全員待っている状態だった。

      30分前に着いたのに一番到着が遅く、遅れてすいません、

      という状態でなんとも言えない感じだったが、

      誰かが時間に遅れるよりはましかもしれない。

      また、ここまで多くの業者さんが出席してくれたのも嬉しいし、

      そのチームワークに、良い工務店を選べたかなとも思えた。

      地鎮祭後はしっかり質疑もしてくれたので、

      その点が一番安心できた。

       

      現場が始まってからは配筋検査や金物検査等の要所は足を運ぶつもりである。

      ただ、現場までの距離が遠いので、何かあった場合にすぐには来れないので、

      施工がしっかりしていないと困るというのは工務店選びの時点から

      かなり重視していた。

      地鎮祭の感触からある程度は期待できそうな感じだったので、

      現場管理は工務店にお願いして、

      あとは現場監理者としてしっかり動いていくつもりだ。

      構造勉強会

      2019.01.10 Thursday

      0

        知り合いから木造の非住宅の

        構造説明会があることを教えてもらった。

        最近は非住宅の計画や相談がちらほらあり、

        また、私自身も住宅以外の設計も

        どんどんやっていきたいと考えており、

        今日参加してきた。

         

        木と鉄の複合梁。

        最大スパンは8mで耐火建築物の対応も可能とのこと。

        ただ、現地建物は一部スパンがかなり飛んでいたが、

        通常の木造でも対応が可能な感じに見えた。

        しかし、数十年経った後もたわみが少ないというメリットもあるので、

        ケースバイケースで採用する可能性もあるように思った。

         

        木造2階建てで用途は子供園。

        建物自体はあともう少しで完成という感じだった。

        ただ、サッシは既製品サッシ、外壁はサイディングという

        お決まりの仕様の感じだったので、

        なんとなく魅力に欠けた。

         

        敷地周囲もハウスメーカーや地域ビルダーが建てた、

        よく見かける家々の風景である意味、この施設もなじむのかもしれない。

        予算を絞るとなると、どうしても

        サッシは既製品サッシ、外壁はサイディングという仕様になりがちだが、

        なんとかそうではない建物を設計していきたいと改めて思った。

         

        嫌な予感

        2018.12.25 Tuesday

        0

          以前に道路許可で相談頂いた案件が二転三転し、

          結局、道路と敷地の間に高低差があるために

          道路からスロープを設けて敷地へアクセスするような話になった。

           

          道路と敷地の間に歩道橋があり、その下をくぐって、

          せり出した歩道部分にスロープを設ける予定。

          普通に考えると、ちょっと難しそうだが、

          建築主と役所との先の折衝でそれは可能とのこと。

          そして、私はその技術的な折衝及び申請等をすることになった。

           

          ただ、二転三転して気づいていなかったが、

          この時点で気づいた。

          建築工事ではなく、土木工事に関して役所と折衝し、申請する。

          この構図は今年最も苦しんだ、福祉施設の開発届出と同じ構図ではないか。

          今後の不慣れな図面の作図や役所の細かく融通が利かないやり取りが

          具体的にイメージできて、一気に暗い気分になった。

          しかし、こういう内容は大手の設計事務所では対応しないだろうし、

          小規模な設計事務所では対応能力もないだろうし、

          建築主からすると良い人を選んだのかしれない。

          他人事のような感じだが。

           

          ただこう考えよう。

          全ての仕事は将来、私がすべき重要な仕事のための準備のための仕事であると。

          しっかり勉強させてもらうつもりでがんばりたいと思う。

          暑い日の完成建物写真撮影

          2018.07.20 Friday

          0

            梅雨が明けたので、先日完成した建物の写真撮影を行った。

             

            午前中からいつもお願いしているカメラマンさんと撮影に臨んだが、

            かなりの暑さで汗が止まらない中、撮影アングルに合わせて物を移動したり、

            ブラインドは上げたり下げたりしながら撮影を行った。

             

            途中、建築主の奥さんが私とカメラマンさんが熱中症にならないか心配して、

            冷たい飲み物とアイスを差し入れてくれて、生き返る気分だった。

             

            午後15時ぐらいに日中の撮影を終え、

            日が沈んでから再び夕刻の撮影を開始した。

            結局、朝10時から撮影を始め、終わったのは20時前だった。

            暑さと長時間の撮影でかなり疲れたが、

            それが吹き飛ぶぐらいに良い感じの写真が撮れたように思う。

            画像補正作業をしてもらった1か月後ぐらいに完成写真が仕上がるとのことで、

            今からその写真が楽しみである。

            写真撮影の手伝いをしながら、改めて建物を隅々まで見たが、

            こんな建物の設計をさせてもらった建築主に感謝したいと思った。