開発届出が立ち塞がる

2019.08.20 Tuesday

0

    JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

    工事中の福祉施設は建物の完成が見えてきた。

     

    現場には大量にクロスが持ち込まれていた。

    職人さんは数人でパテ処理を急ピッチで仕上げていた。

     

    共同食堂の様子。

    建物の一番端の室だが、すでにクロスは張り終えていた。

    今月末までにはクロス工事も終わり、

    来月中旬頃には設備関係の設置も終わる予定とのこと。

     

    電気、水道、開発、現場監督、設計の各担当者で現場打合せ。

    設計段階の開発届出も完全には終わっていないが、

    施工するためにも開発に関わる届出関係がたくさんある。

    特に2車線の交通量が多い道路の工事をするには警察やバス会社へも

    書類の提出が必要とのこと。

    このひたすら書類を作成して、やたら時間がかかる仕組みはどうにかならないかと

    現場にいた全員が嘆いていた。

    設計段階でも施工段階でも開発届出に振り回され続けているが、

    どちらにしろ早く終わらせていくしかない。

     

    完成前夜

    2019.08.09 Friday

    0

      約2年前のプロポーザルから始まって

      愛媛へ通う時間も残りわずかになってきた。

      今月末には建物は完成し、完了検査を受ける予定なので、

      その直前の現場確認を行った。

       

      足場が外れて外観の全貌が見えた。

      遠目から見ても、おっと思わせる外観で良い仕上りだと思う。

       

      今回一番気になっていた壁内の土台が湿っていた部分。

      壁内に手を突っ込んで、土台を触ったが、水気はなかった。

      いろいろと試して、結露が原因ということで対策をしたが、

      それが功を奏して解決したので、ほっとした。

      ただ、1年後の梅雨時期も再度確かめて、同じ状態になっていないか確認したいと思う。

       

      玄関戸、バルコニー手摺、洗面カウンター等の設置状況。

      設置すべきものはほぼ設置し、最後の仕上げを行っている状態だった。

      補正すべき部分は多少残っているが、きれいな仕上りだった。

       

      壁をOSBで仕上げた倉庫。

      当初は石膏ボード素地で、その後、塗装仕上げ、クロス仕上げと変更を重ねた。

      最後はOSB仕上げとなったが、迷った甲斐がある仕上りだった。

       

      今までは工事途中でもかなりの打合せ項目があったが、

      今日はいくつかだけの項目だった。

      今月末には完成だが、ここに至るまでは長い道のりだった。

      今だから言えるが、本当はこういう打合せの進め方が良かったのではないか、

      こんな提案もできたのではないか、と思う部分もあるが、

      あくまで今だから言えるのであって、

      ここに至るまで建築主も設計である私も無我夢中で駆け抜けてきたような気がする。

      実際は、家は3回建てないと、という言葉があるように

      住み始めたら建築主もいろいろと思う所は出てくるかもしれない。

      ただ、建築主も当初から熱い気持ちで建物への思いを語り、

      また、真剣に打合せに臨んでくれた。

      私もその建築主の言葉に真摯に耳を傾け、

      その熱い気持ちを上回るぐらいの気持ちで対応してきた。

      細かいことを言えばきりがないかもしれないが、

      そのお互いの真剣なやり取りの末の完成した建物だから、

      それはそれで正解なのかもしれない。

       

      建物の完成でいったんは私の仕事が完了するが、

      建築主はそれからがある意味、次のスタートである。

      引っ越しの段取り、カーテン等の設置、行政への届出、ローンの支払い、

      何十年という完成した建物との付き合いが始まる。

      その思いや重みを私自身がきちんと感じつつ、

      スムーズに建築主が次のスタートを切れるように

      最後まで精一杯がんばりたいと思う。

      急遽の打合せ

      2019.08.08 Thursday

      0

        福祉施設の現場の監督から外構関係でいくつか確認したいので、

        現場打合せをしてほしいとの連絡があった。

        私は特に盆休みらしき休みはないが、

        明日明後日と終日の予定が入っており、

        その翌日からは施工者の盆休みが始まる。

        そのため、打合せがかなり先になってしまうので、

        急遽、今日現場打合せすることになった。

         

        外部仕上げも終了し、足場も全て撤去されていた。

         

        内部で畳の寸法採りを職人さんが行っていた。

        木下地も完了し、あとはクロスを張っていくのみという感じ。

         

        現場へ着くと現場監督と外構業者が待っていた。

        早速打合せをすると図面や今まで説明してきた内容が

        十分に伝わっていない所もあり、

        かつ、見積調整で変更になった所の認識のそれぞれのずれもあったので、

        改めて、計画内容や見積内容を確認していった。

        毎回思うことだが、図面をしっかり書いて、

        変更になった所や注意すべき所をメールや電話で連絡しても

        やはり面と向かって話さないと人同士はやり取りが難しい。

        ただ、その直接のコミュニケーションの良い所はその場で

        いろいろと話すことができるので、

        以前に決まっていた内容のより良い改善案も出てきた。

        水道や電気と絡む内容なので、

        盆明けに再度打合せをすることになった。

         

        クロス工事待ちの内観。

        建物本体は今月末には目処が付いてきそうだが、

        やはり開発届出で苦しんだ外部でまだ時間がかかりそう。

         

        外構業者にも言われたが、この役所は他の役所に比べてかなりややこしいらしい。

        いろんな設計者からも同じことを言われ、

        他の施工者からも同じことを言われたので、きっと本物なのだろう。

        また、今後この自治体で開発が絡む設計を行う時は

        他の設計者に頼んだ方が良いかもしれない。

        それでも、かなり苦しんだ分、いろいろと勉強になった部分もあるから、

        きっと今の私にとって、必要な流れだったのだろうと思う。

         

        明日は朝7時のバスに乗らなければならないが、

        今日の打合せの返しとその他の内容を各方面にメール送付しておかないと

        盆休みがすぐに来てしまう。

        空がしらんでくる前には寝たいが、寝過ごさないことを祈る。

        住民説明会

        2019.08.04 Sunday

        0

          今日は先日近隣の方に配布した、住民説明会を行った。

          16時に現地で行う旨を事前にお知らせしていたので、

          私もその時間よりも早めに現地へ到着した。

           

          住民説明会を行う予定の16時少し前の現地。

          誰も来ていない。

          自治会長が言うように意味のない時間になるかと思っていたが、

          16時ぴったりにぽつりぽつりと3人の方が来られた。

          近隣に50部を配布したが、全く誰も来ないことも想定していたので、

          まだましかもしれない。

          早速、計画概要を説明し、意見等を伺った。

          意見は伺ったが、この地域は駐輪とごみのマナーが悪いので、

          それをしっかり管理してほしい、ということのみ。

          以前にそれは戸建て住宅の建て替えだったが、

          既存の建物よりも数十センチ建物高さが高くなることで、

          近所の方から裁判起こすぞと恫喝されたりした経験と比べると、

          とても優しいご意見だった。

           

          今日の結果を書類にまとめ、

          役所へ提出して再びやり取りを行うが、

          ちゃぶ台をひっくり返されるようなことがなければ良いが。

          出来る限りのことを想定しながら粛々と進めて行こう。

          解体工事前の事前打合せ

          2019.08.02 Friday

          0

            リノベーション工事の解体工事前の事前打合せを行った。

            建築主手配の業者さんが多く、

            事前に顔合わせや計画内容の共通認識が必要と考え、

            日時を合わせて現場に集まってもらった。

            私がアナログな人間だからかもしれないが、

            電話やメールではなかなか意思疎通が難しいと考えている。

            人間の手を使って作り上げていく作業だから、

            やはりそこは面と向かってのコミュニケーションが

            とても大事だと思う。

             

            今後も使う家具、今回の工事に合わせて処分する家具。

            処分する家具が多ければそれだけ工事費も高くなる。

            建築主の協力も仰いで、家具の精査とご自身で処分してもらう家具等を仕分け、

            多少ではあるが、工事費の圧縮をしていった。

             

            盆休みもあるので、当初予定よりも工事は時間がかかりそうだ。

            今月には解体工事も目処がつき、スケルトンの状態となる。

            現場調査でいろいろと調べたが、解体してみないと分からない所は多い。

            スケルトン状態でいろいろと調べて検討することも多いが、

            あまり時間をかけすぎると後工程に影響を及ぼす。

            今の内に終わらせることができることは早めに片を付けて、

            解体後もしっかりと確認検討して、より良い完成を目指したいと思う。