43条第2項第2号許可申請

2020.02.15 Saturday

0

    先日、知り合いから依頼されていた、

    道路の許可申請の事前協議書を提出してきた。

     

    つい先日も訪れた法務局に再び訪れた。

    提出に必要な土地の登記簿謄本等はすでに取得していたが、

    公図の取得がまだだったので、取りに行った。

    つい先日にも別件で公図を取得したが、

    たくさんある依頼用紙のどれに記載すればよいか迷ったので、

    職員の方に聞きながら提出した。

    頻度が少ないので、なかなか法務局での段取りが身に付かないことに

    なんとなく不甲斐なさを感じた。

     

    その後、先日協議をした課へ事前協議書を提出しに行った。

    着くと、たまたまその課への来客が多く、20分程待ったが、

    無事受け付けてもらった。

     

    今回申請した書類は建築基準法上の道路が敷地に接道していないが、

    現状、実際には敷地まで道路があり、

    それを建築基準法上の道路として役所に許可してもらう申請である。

    この申請は以前にも一度提出したことがあるが、微妙に名称が変わっているので、

    よくよく調べると建築基準法が改正されたため、変わったらしい。

    以前は、43条但書の許可申請、と呼んでいたが、

    今は、43条第2項第2号の許可申請、である。

    建築基準法の改正内容の概要はある程度チェックしているが、

    この内容は今回まで知らなかった。

     

    話は変わるが、ネット記事で3Dモデルソフトのライノセラスとグラスホッパーが

    世界の設計事務所では一般化している、とあった。

    私もかなり前からそのソフトの名前は聞いたことはあったが、

    改めて調べるとアルゴリズムによる調整が可能でいろんなシミュレーションができるとのことだった。

    その記事を読みながら、アルゴリズムって何だ、と思ったが、

    簡単に言うと、通常は3Dモデルでも屋根の傾斜を変えようとすると

    その度に元のデータを修正する必要あるが、

    アルゴリズム、もしくは自分でパラメーターを作れば

    カーソルを動かすだけで屋根の傾斜を変えられる。

    さらには日射のシミュレーションも連動したりする優れものである。

    私自身もそうだが、記事内容によれば日本の設計事務所は世界の潮流からすれば

    10年は遅れている、とのこと。

    私もようやく、AutocadやRevitを使い始めて四苦八苦しているが、

    さらに使いこなさなければならないソフトが増えたなと思った。

     

    法務局の申請、建築基準法の改正、許可申請の提出、3Dモデルソフト、等、

    常に分からないことや知らないこと、馴れないことが現れて、

    その理解と習得に時間はかかるが、それを面倒くさがらずにしっかり身に付けていくことが、

    良い仕事をすることに繋がっていくと信じている。

     

    現地調査

    2019.12.29 Sunday

    0

      先日、プレゼン依頼頂いた案件の敷地の情報がはっきりしないので、

      年明けにプレゼンするには年内に調査をしておく必要があると思い、

      敷地へ向かった。

       

      土地の調査する時や建物をリノベーションする時等に必要なもの。

      画板、スケール、距離測定器、等。

      事前に法務局で地積測量図を取り寄せ、図面を起こしていたが、

      実際に現地で確認してみると、情報が異なる。

      いったんは今ある情報を総合してプレゼンへ向かうつもりだが、

      一度、測量を行わないとはっきりした情報とはならなさそうだ。

       

      もう今年も終わりかけているが、

      仕事に関わること、仕事に関わらないことも含め、

      まだまだ自分の中ですべきことは山積みだ。

      来年は事務所を開設して5年目に突入する。

      常に時間を如何に有効に使うかを考え続けてきたが、

      なかなか自分の中でしっくりきていない。

      だが、時間はどんな人にとっても平等だから、

      限られた時間で今すべきこと、将来を見据えて今やっておいた方が良いこと、等、

      しっかり取捨選択して着実に前へ進んでいきたいと思う。

      施主検査

      2019.12.16 Monday

      0

        毎週通っていたリノベーションの現場の施主検査を迎えた。

         

        ヘリンボーン張りの床。

        大工さんがかなり苦労しながら張ってくれた床。

        無垢材のヘリンボーンは初めての採用だったが、

        思った以上に張るのが難しいことが分かった。

        ただ、床を見る方向によって床の色の濃さが違って見えて

        趣きある床の風合いとなった。

        建築主がご自分で塗装しているが、かなり苦労されている様子。

         

        リビング上の彫り上げ天井。

        化粧梁を多めに配し、照明も交互に設置することで変化を付けた。

        日中と暗くなってでは部屋の雰囲気が違って見えて

        意図していた以上の雰囲気を作ることができたように思う。

         

        2階廊下のスノコと後藤照明のブラケット。

        後藤照明のこのブラケットは初めて使用したが、独特の雰囲気が出ていて

        建物イメージに合っていた。

        スノコを通して、下の玄関にも光を落としていた。

         

        色を自由自在に変えることができるダウンライト。

        オーデリックの商品だが、建築主がいろいろと探して、

        見つけてきてくれた。

        緑にも青にも変えることができるので、どんな使い方をされるか興味がある。

         

        玄関土間の様子。

        式台は元々使っていたケヤキの式台を再利用している。

        良い物を使っているので、40年以上経った今でも十分な存在感である。

         

        最初に建築主から突然の連絡を頂き、この仕事は始まった。

        建築主の希望は「京都と海外が融合した別荘感のある家」とのことだったが、

        建築主ご自身もイメージを決めかねていたし、

        私自身もイメージ作りに苦労した。

        人が違えば同じ言葉や写真でも読み取る印象は異なる。

        ただ、私は人それぞれの感性らしさが発揮できて、

        全く同じにはならないイメージの方が良いと考えている。

        設計者がこんなことは言うべきではないかもしれないが、

        建築主のイメージ通りに設計しても

        せいぜい建築主の満足は80〜100%までしか行かない。

        それこそ、イメージ通りだからだ。

        それよりは建築主や設計者がイメージしていたものからずれている方が

        120%の喜びになるのではないかと考えている。

        あまりずれているのは困りものだが、

        その良い意味でのずれ具合はより大きな喜びになるはずだ。

        ただ、そのためには建築主も設計者も真剣に完成する建物の検討や打合せを

        行う必要がある。

        その真剣さの向こうにより良い建物の完成があるように思う。

        現場は職人で支えられている

        2019.12.06 Friday

        0

          リノベーション現場にいつも通り確認に向かった。

           

          足場が取れて外壁の焼杉の全体が見えた。

          外壁材も建築主といろいろと打合せをし、

          サンプルもたくさん取り寄せたが、

          最終的には塗装等を施していない、本当に焼いたままの焼杉を採用した。

          雨が降れば表面の焦げが多少剥がれ落ちたりもするが、

          メンテナンスがほぼいらず、長持ちするはずである。

           

          ラワン合板の天井と化粧梁。

          壁の色をグレーで統一したが、天井材との色合いがとても合っていた。

           

          トイレの片面の壁は全面タイル張りで、

          その反対の壁は全面ガラス張りの計画である。

          職人さんが苦労しながらガラスを張っていた。

          このトイレの計画も建築主とあれこれ検討したが、

          間接照明で照らしたタイルをメインに

          空間の広がりが感じられるように逆の壁を全面ガラスにしたが、

          私もまだしたことのない仕様なので、完成時が楽しみである。

           

          ラワン突板の製作建具。

          表面を自然塗料で丁寧に塗装していた。

           

          全体を確認していったが、完成まであと少しということで

          相変わらず多くの職人さんで混雑していた。

          そして、それぞれの職人さんが黙々と作業をしている姿を見て

          どの現場も各職人さんに支えられて建物が完成していくことを改めて感じていた。

           

          設計者と建築主が打合せをして計画内容が決まっていき、

          設計者がその打合せ内容に基づいて図面を作成していく。

          ただ、現場が始まれば、設計者は現場監理で現場をチェックしていくことはできるが、

          釘一つ打たないし、そもそも打てない。

          後は現場監督の指揮の下、各職人さんの技量や熱意や図面の理解度に委ねるしかない。

          経験上、いろんな職人さんはいるが、大体、自分の仕事にプライドを持って仕事をしている。

          プライドを持って仕事をしている職人さんはとてもかっこいいと思う。

          建物全体の一部を担っているに過ぎないが、その部分部分を手を抜かずに

          しっかりとした仕事をしてくれることで建物の完成度が決まってくる。

          現場を訪れた時に職人さん全員と話している時間も機会もないが、

          いつも感謝の気持ちが湧いてくる。

          私が設計の仕事をしている限り、

          今後もプライドを持った職人さんとの仕事をしていきたいと思う。

          完成までもう少し

          2019.11.29 Friday

          0

            いつものリノベーション現場の工事監理に向かった。

             

            2階廊下廻りの鉄製手摺。

            1回目の仕上げ塗装が先日完了していた。

            ただ、その後、建築主から連絡があり、

            現場の埃が付着したまま塗装して仕上げが荒いのでは、と連絡があった。

            現場監督の話を聞き、実際に手摺を見た。

            確かに埃が付着して荒く見える部分もあったが、

            下地の錆止め塗料や仕上げ塗料が多少粘着性が高いので、

            多少、だまになっていたのが、一番の原因のようだった。

            すでに全体的にケレンされており、仕上りは滑らかになっていた。

            これから2回目の仕上げ塗装を行うので、建築主も納得できる仕上りになるはずだ。

             

            2階廊下のスノコ部分。

            きれいに仕上がっており、念のため確認していると、

            鉄製手摺とスノコの位置が微妙にずれている。

            原因を突き止めるために現場監督といろいろと話をした。

            結果分かったのは今回の工事で製作した鉄製手摺とスノコ自体は精度良く作っていたが、

            逆に躯体の木材が多少歪んでいるため、

            逆に精度良く作った側が歪んで見えていることが分かった。

            既存の躯体に合わせて微調整してもらうことになった。

            改めて、図面だけでは建物は完成しないなと思わされた。

             

            LDKの天井にラワン合板を施工中。

            今回、建物のコンセプトやイメージ等から

            メインの天井材にラワン合板を選択した。

            まだ、施工途中ではあったが、その選択は間違っていなかったと思った。

             

            工事も終わりが近づいてきたが、

            今回特に感じたのが建物自体とは関係ないが、

            職人さんの高齢化である。

            実際に手を動かすことが仕事だから体力がある若い人が良い面もあるが、

            それをカバーできる技術や経験は非常に頼もしくも思える。

            しかし、以前からなんとなくは感じていたが、

            どの職人さんも60歳を超え、一番上は80歳近くだった。

            現場監督とも話していたが、

            東京オリンピックや数々の災害で

            職人さんが取られてしまっているという部分もあるが、

            現役を引退していく職人さんの数に対して、

            新たに入ってくる職人さんの数が圧倒的に少ないということだ。

            建設業界では以前から人手不足は度々話題に上がるが、

            私が思うに、この業界に限らず、

            人口はすでに減少に転じ始めているが、

            仕事や計画は時間差でそれが始まるからちょうど今が転換期で

            仕事の量と人材の数のギャップが生まれているからだと思う。

            おそらく10,20年後にはそのギャップも埋まり、

            落ち着いてくるのではと考えている。

             

            ちなみに、建築士も約10年前の統計だが、

            1級、2級、木造建築士を合わせて約100万人がいる。

            ただ、平均年齢は約55歳だと言う。

            50歳以上の建築士が約2/3を占める。

            それからすでに10年以上経って、今は平均年齢はいくつになっているのだろうか。

            ただ、世の中は常に変わり続けているが、

            いろいろ考えても結局、目の前の仕事に全力を尽くし、

            常に自分自身を向上させていく気持ちを持っていることが重要だと思う。

            私自身、建築家というよりは設計職人のようなものを目指しているから、

            どんな変化があってもぶれずに

            設計に対して、そして、自分自身を研ぎ澄ませていくことに集中していきたいと思う。