プレゼン

2020.01.24 Friday

0

    設計の仕事を依頼頂く際はいきなり打合せが始まるのではなく、

    建築主を知り合いから紹介されたり、建築主から問合せがあったり、

    最近ではネット上で募集があったり。

    そして、その後、要望や資料のやり取りがあってから、

    まずプレゼン図面を作成して、それを建築主に提示することが一番最初の仕事となる。

    それを踏まえ、設計を依頼する先として特定されたり、実際に打合せが始まっていく。

     

    ただ、最初のプレゼン時はまだ契約した訳でもないので、

    プレゼンで終わる可能性もある。

    しかし、一口にプレゼンと言っても、計画敷地の情報を集めたり、

    建築主の要望を検討して建築計画をしたりで目には見えない形で

    多大な労力と時間が必要となる。

    そのため、プレゼンする時には必ず不安が付きまとう。

    必死に考えた計画案を建築主に適正に評価してもらえるのだろうか、

    こちらの意図が伝わらないまま、無駄な提案で終わるのではないか、等。

    実際、プレゼンをひたすら行っても、仕事として依頼されなければ

    労力と時間だけかかって、何も得られない。

    特にプロポーザル等は多くの設計事務所が応募しても

    選ばれる設計事務所は1者だけなので、なおさらである。

     

    プロポーザルは最たるものだが、それでも私は可能性を感じるものには継続的に応募している。

    一つ気を付けているのは、ただ計画して提出するのではなく、

    自分にとってプラスになるような提案をするようにしている。

    結果的に自分の設計に関する引出しを増やすためである。

    そう信じて、可能性を感じる計画に対しては積極的にプレゼンするようにしてきたが、

    昨日、ある建築主のプレゼンを行ったが、自分でも不思議な感覚で

    今までやってきたプレゼン内容から一つ上の段に上がったような気分になった。

    そして、建築主もそのプレゼン提案をかなり気に入ってくれているようだった。

     

    建築主がこれから始まる建築計画や設計事務所とのやり取りが不安なように

    設計者の方も設計の仕事を依頼される前も依頼された後も不安はある。

    経験上、建物が完成した頃に建築主はこんな人で、こんな建物を求めていた、と分かることの方が多い。

    プレゼン時はお互いのことはほぼ分かっていない状態と同じだと思う。

    それでも、不安な建築主とやり取りをし、建築主が望むことを把握し、

    建築主が無意識に考えていることまでも把握していって、

    さらに設計者もただプレゼンするのではなく、

    それすらも自分の力に変えていくことが

    設計のプロとして為すべきことのように思う。

    設計を始めて約15年経ったが、まだまだ知らないことも多いし、

    すべきことも多い。

    それでも、自分なりに必死に考えて、設計のプロとして一歩ずつ歩みを進めて行きたい。

     

    非住宅の改正建築物省エネ法

    2020.01.17 Friday

    0

      少し前に住宅の改正建築物省エネ法の講習に参加したが、

      今日は非住宅の改正建築物省エネ法の講習に参加してきた。

      事務所の規模が小さいので、携わる建物はほとんどが住宅ではあるが、

      私自身は積極的に非住宅の設計も行いたいと考えているし、

      ひいては住宅の設計にも役立つと考えている。

       

      前回の住宅の講習会と同様に会場は満員状態だった。

      非住宅ということもあってアトリエ系というよりも

      大手の組織設計事務所が多いのか、スーツ姿の人が多かった。

       

      講習に耳を傾けていたが、住宅の講習内容と大きくは変わらなかったので、

      参加したのは多少微妙な感じだった。

      それでも、意図せず、2回繰り返したことでどのような改正内容かは

      ある程度、掴めてきた気がする。

       

      講習が行われた建物内の廊下。

      この建物内には家具屋等も多く入っているので、

      何度か来たことはあるが、

      平日とは言え、長い廊下で人にすれ違うこともほぼなく、人気がなかった。

      来る度に思うが、こんな立派な建物がほぼ有効に使われていないのに、

      社会ではひたすら新たな建物を設計し、

      建設していくことはどうなんだろうと毎回思わされる。

      法務局

      2019.12.27 Friday

      0

        JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

        先日プレゼン依頼頂いた案件の土地資料を

        建築主が断片的にしかお持ちでないため、

        調査のため、法務局へ向かった。

         

        この法務局へ来るのは数年ぶりだろうか。

        設計する時に敷地の情報は大前提となる。

        建築主が土地を買って間もない時は

        その取得時に必要な書類等も渡されていることが多いので、

        その情報で事足りるが、

        かなり以前に購入した土地であったり、

        土地が広かったりすると確認申請以外の申請時に提出が必要であるために

        法務局へ調査や書類取得のため訪れる必要がある。

         

        法務局へ来ることがかなり久しぶりだったので、

        係の人にいろいろと質問しながら必要な書類の発行をお願いした。

        調べていくと土地が意外と細かく分かれており、

        思った以上の書類の枚数となった。

        約10枚で5000円程度。

        出費も思った以上になってしまった。

        やり取りしながら思い出したが、

        今はネットでも必要書類を発行できるが結局、費用がかかる。

        このご時世だからネットで無料で全て完結すれば無駄な人件費もかからないのに、と

        前回来た時も思ったことを思い出した。

        ただ、土地の情報は重要なので、しっかり調べて

        しっかりした計画案を提示したいと思う。

        クリスマスプレゼント

        2019.12.24 Tuesday

        0

          先週、知り合いから突然連絡があり、

          その知り合いの知り合いのある会社の社長が

          事務所の建設で相談に乗ってくれる建築士を探しているとのこと。

          その知り合いが私の以前からの仕事振りを知っているので推薦してくれたらしい。

          直接は伝えなかったが、心の中でそれ以上の褒め言葉はないなと感謝した。

          早速その方と連絡を取り合い、会社に伺った。

           

          いろいろと話を聞き、今回の事務所建設までの経緯や

          事務所建設の理由を説明してくれた。

          経緯を聞くだけでもかなり苦労されてきたことが十分伝わったが、

          さらに事務所建設の理由が今までお世話になっている社員に

          より良い環境を用意したいとのこと。

          事務所建設の理由としてそれ以上の良い理由はないだろう。

          来年の早い時期に提案プランを持って伺うことを約束して

          会社を後にした。

           

          設計の仕事をしていて思うが、仕事は生活のため、自尊心のため、

          いろんな目的を含んではいる。

          ただ、突き詰めていくと、思いを持った人の熱い気持ちに触れて

          この人のために役立ちたいという気持ちが一番強い。

          設計や建築のことに詳しくはない建築主のぼんやりしたものを

          具体的な形にしていって喜んでもらえるのは本当にうれしいことだ。

          今回のように建築主自体も自分以外の人のために役立ちたいと思っているなら

          なおさら私も頑張らねばと思わされる。

          まだ設計依頼を受けたわけではないが、

          こんな案件の話がこの年末に来てくれたことは

          クリスマスプレゼントをもらったような気分になる。

          精一杯、良い設計を行うだけだ。

          アクタス記念イベント

          2019.12.14 Saturday

          0

            インテリアショップのアクタスで50周年のイベントがあり、

            友人の誘いで参加してきた。

             

            以前に何度かこの店には足を運んだことがあるが、

            創業から50年ということは今回初めて知った。

             

            記念イベントで参加できる人は限られていたが、

            250人程度参加しており盛況だった。

             

            Yチェアの展示。

            デザイナーの作った家具は一般家具よりもどうしても高いので、

            私もほとんどそういった家具は持っていないが、

            Yチェアだけは持っている。

            どんな部屋のイメージにも合うので、気に入っている。

             

            住宅の打合せをすると当たり前だが、

            その建物のプランや仕上げの色使い等の打合せがメインになるし、

            予算もその建物に目一杯かけがちである。

            しかし、本当の意味で建物の見栄えや使い心地を良くしようとすると

            家具や外構等の打合せでは後回しにしがちな

            それらの要素に予算配分したり、しっかり検討することで

            全然違うものになる。

            久しぶりにいろんな家具を見ながら、そんなことを改めて思った。