プレゼン

2020.01.24 Friday

0

    設計の仕事を依頼頂く際はいきなり打合せが始まるのではなく、

    建築主を知り合いから紹介されたり、建築主から問合せがあったり、

    最近ではネット上で募集があったり。

    そして、その後、要望や資料のやり取りがあってから、

    まずプレゼン図面を作成して、それを建築主に提示することが一番最初の仕事となる。

    それを踏まえ、設計を依頼する先として特定されたり、実際に打合せが始まっていく。

     

    ただ、最初のプレゼン時はまだ契約した訳でもないので、

    プレゼンで終わる可能性もある。

    しかし、一口にプレゼンと言っても、計画敷地の情報を集めたり、

    建築主の要望を検討して建築計画をしたりで目には見えない形で

    多大な労力と時間が必要となる。

    そのため、プレゼンする時には必ず不安が付きまとう。

    必死に考えた計画案を建築主に適正に評価してもらえるのだろうか、

    こちらの意図が伝わらないまま、無駄な提案で終わるのではないか、等。

    実際、プレゼンをひたすら行っても、仕事として依頼されなければ

    労力と時間だけかかって、何も得られない。

    特にプロポーザル等は多くの設計事務所が応募しても

    選ばれる設計事務所は1者だけなので、なおさらである。

     

    プロポーザルは最たるものだが、それでも私は可能性を感じるものには継続的に応募している。

    一つ気を付けているのは、ただ計画して提出するのではなく、

    自分にとってプラスになるような提案をするようにしている。

    結果的に自分の設計に関する引出しを増やすためである。

    そう信じて、可能性を感じる計画に対しては積極的にプレゼンするようにしてきたが、

    昨日、ある建築主のプレゼンを行ったが、自分でも不思議な感覚で

    今までやってきたプレゼン内容から一つ上の段に上がったような気分になった。

    そして、建築主もそのプレゼン提案をかなり気に入ってくれているようだった。

     

    建築主がこれから始まる建築計画や設計事務所とのやり取りが不安なように

    設計者の方も設計の仕事を依頼される前も依頼された後も不安はある。

    経験上、建物が完成した頃に建築主はこんな人で、こんな建物を求めていた、と分かることの方が多い。

    プレゼン時はお互いのことはほぼ分かっていない状態と同じだと思う。

    それでも、不安な建築主とやり取りをし、建築主が望むことを把握し、

    建築主が無意識に考えていることまでも把握していって、

    さらに設計者もただプレゼンするのではなく、

    それすらも自分の力に変えていくことが

    設計のプロとして為すべきことのように思う。

    設計を始めて約15年経ったが、まだまだ知らないことも多いし、

    すべきことも多い。

    それでも、自分なりに必死に考えて、設計のプロとして一歩ずつ歩みを進めて行きたい。

     

    非住宅の改正建築物省エネ法

    2020.01.17 Friday

    0

      少し前に住宅の改正建築物省エネ法の講習に参加したが、

      今日は非住宅の改正建築物省エネ法の講習に参加してきた。

      事務所の規模が小さいので、携わる建物はほとんどが住宅ではあるが、

      私自身は積極的に非住宅の設計も行いたいと考えているし、

      ひいては住宅の設計にも役立つと考えている。

       

      前回の住宅の講習会と同様に会場は満員状態だった。

      非住宅ということもあってアトリエ系というよりも

      大手の組織設計事務所が多いのか、スーツ姿の人が多かった。

       

      講習に耳を傾けていたが、住宅の講習内容と大きくは変わらなかったので、

      参加したのは多少微妙な感じだった。

      それでも、意図せず、2回繰り返したことでどのような改正内容かは

      ある程度、掴めてきた気がする。

       

      講習が行われた建物内の廊下。

      この建物内には家具屋等も多く入っているので、

      何度か来たことはあるが、

      平日とは言え、長い廊下で人にすれ違うこともほぼなく、人気がなかった。

      来る度に思うが、こんな立派な建物がほぼ有効に使われていないのに、

      社会ではひたすら新たな建物を設計し、

      建設していくことはどうなんだろうと毎回思わされる。

      年明けからバタバタ

      2020.01.11 Saturday

      0

        JUGEMテーマ:人生論

        去年末にリノベーション案件が完成した。

        ただ、開業1年目以来、初めて工事中の現場がなくなった。

        また、年末に話を頂いた案件も敷地内増築の計画だが、

        いろいろと調べていくと一部解体はするが、

        それでも建築主の要望通りに建物を建てようとすると

        建蔽率オーバーになることが分かった。

        さらにその他の案件は申請待ちの案件であったり、

        ローン待ちの案件であったりで仕事が止まってしまっている。

        年明けからの状況を考えると俺、大丈夫か、という不安な気分になってきた。

        ただ、以前に友人から「仕事がなくなってきても、

        しっかり仕事をしている設計事務所は

        不思議と仕事が入ってくるよ。」と言われた。

        そんなうまい話なんてあるのかな、と思いながら、年を越した。

         

        年が明けて今週初めに建蔽率オーバーの件で打合せに行った。

        この話は流れてしまうのだろうなと思いながら話していると、

        打合せをする中で建物規模は当初よりは小さくなるが、

        建築主も要望を変え、計画を進めていくことになった。

        また、知り合いから久しぶりに連絡があり、

        1年以上前に止まっていた案件が

        急遽、動き出すことになった。

        さらに申請待ちだった案件が1年越しでようやく申請が下りてきた。

         

        今年度の予備試験の願書。

        正月に願書郵送を依頼して早速届いた。

        また、長いこと、参加したいと思える建築関係のセミナー等もなかったが、

        今日送付されてきたDMメールで非常に興味があるセミナーがあった。

         

        去年の年末には来年の私は大丈夫だろうかと不安な気持ちでいっぱいだったが、

        年明け早々に逆にこの忙しさは大丈夫だろうかと思えるほどに

        急に状況が変わってきた。

        これから動いていく設計の案件はどれも一筋縄では行かない、

        難易度の高い内容だが、やる気が溢れている。

        それに加えて、予備試験やセミナー等、さらに取り組むべきことはあるが、

        することがなくなっていく不安感に比べれば大したことはない。

        時間を味方に付けて、一つ一つをしっかり取り組んでいきたい。

        年賀状

        2020.01.02 Thursday

        0

          JUGEMテーマ:人生論

          年が明けて年賀状が来た。

          小さい頃は面倒くさくて

          何故のんびりしたいのにわざわざ机に向かって

          書き物をしなければいけないのか分からず、

          親に言われるまま、泣きながら書いていた気がする。

          当たり前だが、大人になってようやく苦痛を伴わずに

          学生時代の友人や親戚等に年賀状を書くようになった。

           

          今年もたくさん年賀状が来ていたが、例年と違って

          今まで設計に携わった案件の建築主や施工者からの

          年賀状がとても多かった。

          今年の春で開業して丸4年。

          そして、5年目が始まる。

          ちょっとずつ仕事を通して関わる人達が増えたのだなと

          感慨に耽っていた。

           

          建築主からの年賀状には

          「人生を過ごしていく家づくりを田中さんに

          お願いしてよかったと思っています。」

          「新居が快適すぎます〜」等、書いてあった。

          今まで精一杯、設計に取り組んで来て

          私の力や理解の足りない所もあっただろうし、

          それがために建築主や施工者にも迷惑を掛けた部分もあると思う。

          ただ、その度にそれをそのままにせずに

          私自身をより良くするためにいろいろと

          建築主や施工者にも質問したりして勉強させてもらってきたように思う。

          年賀状なので形式的な文面にはなることは前提としても

          私が設計したことに対してそのように年賀状を送ってきてくれることが

          とてもうれしく思う。

          40歳を過ぎてもまだまだ勉強が必要だと考えている私だが、

          さらに勉強させてもらいつつも

          より良い設計という仕事でこれまで関わってきた人達にも

          これから関わる人達にも還元できるように今年1年もがんばって行きたい。

          現地調査

          2019.12.29 Sunday

          0

            先日、プレゼン依頼頂いた案件の敷地の情報がはっきりしないので、

            年明けにプレゼンするには年内に調査をしておく必要があると思い、

            敷地へ向かった。

             

            土地の調査する時や建物をリノベーションする時等に必要なもの。

            画板、スケール、距離測定器、等。

            事前に法務局で地積測量図を取り寄せ、図面を起こしていたが、

            実際に現地で確認してみると、情報が異なる。

            いったんは今ある情報を総合してプレゼンへ向かうつもりだが、

            一度、測量を行わないとはっきりした情報とはならなさそうだ。

             

            もう今年も終わりかけているが、

            仕事に関わること、仕事に関わらないことも含め、

            まだまだ自分の中ですべきことは山積みだ。

            来年は事務所を開設して5年目に突入する。

            常に時間を如何に有効に使うかを考え続けてきたが、

            なかなか自分の中でしっくりきていない。

            だが、時間はどんな人にとっても平等だから、

            限られた時間で今すべきこと、将来を見据えて今やっておいた方が良いこと、等、

            しっかり取捨選択して着実に前へ進んでいきたいと思う。